テーマ別

トップページ>ブラックバス>伊藤巧氏がノリーズの「エビガエル」を使用して野池のトップウォーターゲームを展開

スクリーンショット 2016-07-15 16.38.09

1822アクセス 2016年07月16日

伊藤巧氏がノリーズの「エビガエル」を使用して野池のトップウォーターゲームを展開

スクリーンショット 2016-07-15 16.38.09

出典:ノリーズ エビガエルとビハドウで楽しむ!野池のトップウォーターゲーム 伊藤巧 – YouTube

ノリーズ[NORIES]プロスタッフの伊藤巧が同社の「エビガエル」と「ビハドウ」を使用して野池のトップウォーターゲームを展開する動画が公開された。これからの季節のトップウォーターゲームの参考にしたい。

水面炸裂!夏の野池でトップウォーターゲーム

映像内で使用しているのは同社のスナッグレスポッパー「エビガエル」と水面系ダブルスイッシャー「ビハドウ」。ふたつのルアーを状況に応じて使い分けており、「ビハドウ」はオープンウォーターで、「エビガエル」はカバーの奥に送りこみ、見事バスを釣り上げている。

「ビハドウ」の特徴

bihadou_2012

出典:NORIES – "BIHADOU" –

一般的にダブルスウィッシャーといえば激しいサウンドとスプラッシュでアピールするハードベイトとして位置づけられるが、ノリーズがダブルスウィッシャーに求めたのは「微波動」。ボディサイズに対して若干小さめな2枚のプロップは、前後逆回転、早い回り出しはもちろんのこと細かいピッチで速く回転し、短い距離でより多く水を刻むためのオリジナルセッティングとなっている。

さらに超デッドスローリトリーブにおいても確実に回転し続ける。スローなストレートリトリーブではボディが作り出す緩いV字引き波のなかに、プロップの回転による細かいピッチの微波動が融合。その波動はまさにベイトフィッシュが水面直下を泳ぐあの引き波そのものだ。

「エビガエル」の特徴

ebigaeru

出典:NORIES – "EBIGAERU" –

高いスナッグレス性能でカバー奥に打ち込み、狭いカバー奥だからこそ一発でバイトさせたい、そんな優れたアクションを求めた形状だ。エビを思わせる細身円筒ボディにロールを誘発するシングルテール。一点ウエイトとすることで鋭いポッピングターンと水押しスライドを生み出す。

レイダウンオーバーハング奥へのスキッピングリザーバーのゴミだまりなどへのアプローチはもちろん、中空ならではの「ポトン!」という自然な着水音を生かしオープンウォーターまでも得意とするソフトボディーのスナッグレスポッパー。

夏のトップウォーターゲームを楽しもう

一口にトップウォーターゲームと言えど、映像で使われているスウィッシャーやフロッグ以外にもたくさんのルアーの種類がある。自分のお気に入りのルアーを見つけて、この夏は水面を炸裂させよう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト