テーマ別

トップページ>ブラックバス>金森隆志が激濁りの野池で「BULL TANK」を使ってビッグバス連発

スクリーンショット 2016-07-08 13.49.04

9054アクセス 2016年07月09日

金森隆志が激濁りの野池で「BULL TANK」を使ってビッグバス連発

スクリーンショット 2016-07-08 13.49.04

出典:BULL TANK How to – YouTube

金森隆志が激濁りの野池でレイドジャパン[RAID JAPAN]の新製品、「BULL TANK」を使ってビッグバスを連発している。雨の影響で濁りが入り、魚が口を使いづらい状況での釣果だ。

雨上がりの野池で「BULL TANK」を使ってビッグバス連発

雨上がりの野池で、同社の「BULL TANK」を使ってビッグバスを連発している。濁りのある状況でも高いアピール力で魚に気づかせ、誘い出す。移動距離を抑えながら首を振らせるアクションが可能で、タダ巻きの際は遅すぎず早すぎない、調度良いスピードで引くことができる。一箇所でネチネチと誘う「点の釣り」とタダ巻きで幅広く誘う「線の釣り」、どちらでも使えるルアーだ。

雨上がりや濁りが入っているエリアで使ってみよう

雨上がりや元々濁りが強いエリアなど、魚がルアーに気づきにくい状況で有効になってくるこのルアー。濁りの強い状況はもちろんのこと、広範囲を探りたい時や、カバーの中に入っている魚を誘い出したい時に使ってみたい。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト