テーマ別

トップページ>その他>購入の参考に! 編集部員が自腹で購入したルアーまとめ【2016年上半期】

IMG_1646

8088アクセス 2016年07月06日

購入の参考に! 編集部員が自腹で購入したルアーまとめ【2016年上半期】

IMG_1646

2016年も半年が過ぎたが、筆者も今年は多くのルアーを購入してきた。今回は、2016年上半期で筆者が自腹で購入したルアーをご紹介しよう。筆者は現在シーバスゲームをメインとしているため、購入するルアーはシーバスルアーが主となっている。

2016年上半期自腹で購入したルアーまとめ

コアマン「IP-13」

コアマン[COREMAN]の2016年の新製品であるメタルバイブ。IP-26やIP-18はデイゲームにおいて非常に信頼していたので、軽量化+小型化されたIPということで迷わず購入した。

シャローをよりスローに引ける上、大きな可変アクションによってリアクションバイトを誘うことが可能なため従来のメタルバイブでは攻めにくいスポットで大いに活躍してくれた。

詳しいインプレは以下の記事を参考にしてほしい。

コアマンの新メタルバイブ「IP-13」を実釣インプレ! 可変アクションがシーバスを引き出す!

タックルハウス「TKLM 8/9.5」

こちらはタックルハウス[TACKLE HOUSE] の2016年新製品。TKLMシリーズ最小サイズである。小粒なボディはこの時期のマイクロベイトパターンで非常に重宝する。また、8cmサイズとは思えない飛距離も魅力だ。

タックルハウス「フィードシャロー105」

夏が近づくにつれて河川でのシーバスゲームが多くなり、河川のシャローエリアを攻略するために購入した。

フィードシャローシリーズでは一番小さいサイズだが、ボリュームがあるボディとウォブリングが強めのアクションのため強い流れや濁りの中で効果抜群である。特に雨後の濁りパターンでは多くのシーバスをキャッチすることができた。

エバーグリーン「トゥルーラウンド」

磯ヒラスズキ用に購入。ファットボディにリップレスということで水噛みが抜群で、他のルアーでは水面を滑ってきてしまうような足場の高いポイントでもしっかりと足元まで泳がせてくることが可能。飛距離も抜群だ。

また、強い流れの効いた河川でも効果を発揮してくれた。

ダイワ「テイルスラップ」

小柄の三連結ジョイントルアー。ボディサイズと構造上そこまで飛距離は出ないものの、他にはない艶めかしいアクションは非常に魅力的バチ抜けパターンで好反応だった。マイクロベイトパターンでも効果を発揮するだろう。

下半期の発表にも乞うご期待

以上が筆者が2016年上半期に自腹で購入したルアーである。みなさんにも是非試していただきたい。

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト