多彩なアクションが魅力的! オススメのバス釣り用「ペンシルベイト」5選と、その使い方まとめ

タグ: / / / / / /
2017年05月15日 (最終更新日:2017年06月15日)

目次

  1. ペンシルベイトの特徴
  2. ペンシルベイトのアクション方法
  3. オススメのバス用ペンシルベイト5選
  4. オススメのペンシルベイト用タックル
  5. オススメのペンシルベイト用ライン

オススメのバス用ペンシルベイト5選

各メーカーから様々なペンシルベイトがリリースされているが、今回は初心者でも簡単にドッグウォークさせることができるペンシルベイトを紹介しよう。

へドン「オリジナルザラスプーク」

アメリカの老舗メーカー「へドン」の、世界中で親しまれ続けている超ロングセラールアー。大きめのボディなのでよく飛び、そして動かしやすい。日本製ルアーに比べて値段がリーズナブルなのも初心者にオススメな理由の一つだ。

ただ、アメリカ製だけあって個体差があるので購入の際は注意が必要で、フックも別のものに交換したほうが良いだろう。バサーなら一つは持っておきたいルアー。

全長 自重 価格(税別)
114mm 13g オープン価格

ラッキークラフト「サミー シリーズ」

こちらも定番のペンシルベイト。軽いトゥイッチで、誰でも簡単にドッグウォークさせることができる上、口がカップ状になっているため、ドッグウォークの度にスプラッシュを出すことができる。

6サイズがあるため、フィールドや状況によって使い分けることが可能。アピール度を上げたいときは大き目のサイズを、スレたバスに静かにアプローチしたいときは小さめのサイズを使うと良いだろう。

全長 自重 価格(税別)
65mm 5.8g 1,470円
85mm 12.6g 1,575円
100mm 13.6g 1,575円
105mm 11.2g 1,680円
115mm 18.5g 1,575円
128mm 28g 1,680円

メガバス「ジャイアントドッグX」

その名の通り、メガバスの大きいサイズのペンシルベイト。特筆すべきはその飛距離と操作性。警戒心の強いバスがいるポイントへ遠くからアプローチし、かつしっかり動いてバスに口を使わせることができる。トップウォーターで広範囲を探りたいときのサーチベイトとしても有効だ。

野池からビッグレイク、マッディーなエリアからクリアーなエリアまで、あらゆるフィールドに対応することができるだろう。

全長 自重 価格(税別)
98mm 1/2oz 1,750円

エバーグリーン「シャワーブローズ」

清水盛三氏の考え抜いたペンシルベイト。ボディ後方に大きなタングステンウエイトが内蔵されているため、飛距離が抜群で様々な動きを演出することができる

風が強くて水面が波立ってるときは従来のペンシルベイトではアピール不足であることが多いが、このシャワーブローズは移動距離を抑えたドッグウォークのおかげでより長くアピールすることが可能

またトリプルフックが3つ付いているため、フッキング率も高くバレにくい。従来の常識を超えたペンシルベイトだ。

全長 自重 価格(税別)
125mm 26g 1,800円

ティムコ「レッドペッパージュニア」

ティムコのロングセラーペンシルベイト。垂直の浮き姿勢で、トゥイッチをすることでイレギュラーなアクションを起こして逃げ惑う小魚を演出する。そのアクションは、ベイトフィッシュを狙って水面を意識しているバスに効果抜群だ。また、ボイルが発生するフィールドでも効果的だろう。

バスだけでなく、淡水や海のあらゆるフィッシュイーターを魅了しているルアーでもある。

全長 自重 価格(税込)
100mm 9g 1,814円

【次ページ:ペンシルベイトのタックルの選び方と、オススメ】

タグ: