テーマ別

トップページ>シーバス>深場や透明度の高いポイントで活躍! ブルーブルーのミノー「ブローウィン140S」のジャーキングメソッドとは?

スクリーンショット 2016-07-01 11.19.02

3111アクセス 2016年07月01日

深場や透明度の高いポイントで活躍! ブルーブルーのミノー「ブローウィン140S」のジャーキングメソッドとは?

スクリーンショット 2016-07-01 11.19.02

出典:Blooowin!140Sジャークメソッド解説

深場や透明度の高いポイントで活躍する、ブルーブルー[BlueBlue]のミノー「ブローウィン140S」のジャーキングメソッドを、開発者である村岡昌憲氏が解説した動画が公開された。シーバスアングラーは参考にしてみよう。

「ブローウィン140S」のジャーキングメソッドとは?

鉄板バイブやテールスピンなどのメタル系ルアーや、ワームが使われる機会が多い夏の沖堤防にて活躍する「ブローウィン140S」のジャーキングメソッドを解説した動画。

「ブローウィン140S」のジャーキングメソッド

ただ巻きでも活躍する「ブローウィン140S」だが、水深が深い場所や透明感が高い状況ではジャーキングで誘う方法が効果的。やり方は非常に簡単でキャストしてから、ロッドを横にジャークさせながら、リールを巻いてくるだけ。村岡氏は動画で「もしもし亀よ」のリズムでワンピッチジャークを行っている。

左右にスタイドするようなアクションと、ブローウィンのボディバランスの良さからなる水平姿勢でスレたシーバスに効果的なメソッドだ。

夏の堤防などで取り入れてみよう

特に効果的なのは、足場が高い場所や透明度の高い状況と解説しているが、水深の浅いポイントでも活躍しそうなアクション。シーバスアングラーは、夏の堤防や河川などで取り入れてみよう!

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト