自分のレベルに応じたものを!エギングロッドの選び方徹底解説

タグ: / / / / / /
2017年02月23日 (最終更新日:2017年08月23日)

目次

  1. エギングロッドに求められる要素
  2. 各社の人気エギングロッドシリーズ解説
  3. 初心者におすすめのエギングロッド5選
  4. 中級者におすすめのエギングロッド5選
  5. 上級者におすすめのエギングロッド5選
  6. あったら便利なエギンググッズ

中級者におすすめのエギングロッド5選(2~4万円台)

シマノ「セフィアCI4+」

シマノ[SHIMANO]から発売されているエギングロッドの中で中核を占める「セフィア CI4+」。

しかし、その性能は折り紙付きであり、現在発売されているすべてのエギングロッドのなかで最軽量である

コストパフォーマンスに非常に優れており、各メーカーから出されているフラッグシップモデルと十分に肩を並べることができるほどの性能を有している。

実売価格2万円台で迷ったら、このモデルを買っておけばまず間違いはないだろう。

オリムピック「ヌーボカラマレッティー クワトロ」

質実剛健という言葉が最高に似合うオリムピック[OLYMPIC]のエギングロッドだ。

軽さと強度を共存させるG-MAPS製法を導入することにより、よじれにくいブランクスとなっており、かつロッド全体のバットパワーとキャストのアキュラシーが向上している。

この価格帯でオリムピックの本格的なモデルを購入することができるのは非常にお買い得だ。

ヤマガブランクス「バリアス」

国産ブランクスを採用しているこの「バリアス」は、フラッグシップモデルの同社の「カリスタ」に劣らぬ性能を持っている。

従来のモデルのブランクス特性は引き継ぎつつ、ティップはより繊細なものとなった。

全体的なバランスの良さが際立ち、使い込むほど手になじむロッドであるといえる。

ダイワ「 エメラルダスAGS」

ダイワのAGS(エアガイドシステム)搭載モデルのなかで、最も低価格なこのモデル。

PEラインの使用が前提となるエギングにおいて、飛距離、感度の向上を考慮するとAGSの優位性は計り知れない

ロッド全体が軽量なうえにデザインにもこだわられており、同じエメラルダスシリーズのリールと合わせて使うおしゃれアングラーも少なくない。

ブリーデン「スペシメン」

ライトソルトゲーム界において、斬新なアイデアでこれまでにないルアーを生み出しつづけているブリーデン[BREADEN]。

発売当初から爆発的な人気と実績をもち、今なお売れ続けているメタルマルでおなじみの人も多いだろう。

「スペシメン」は青色のブランクスが特徴であり、性能はもちろんデザイン面でも人気が高いロッドである。

【次ページ:上級者におすすめのエギングロッド5選】

タグ: