テーマ別

トップページ>エギング>ダイワからイカの繊細なアタリを逃さないショート中通しエギングロッド「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」登場

名称未設定 2

2381アクセス 2016年06月20日

ダイワからイカの繊細なアタリを逃さないショート中通しエギングロッド「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」登場

名称未設定 2

出典:エメラルダス STOIST AGS IL (インターラインモデル)

ダイワ[DAIWA]からアオリイカの繊細なアタリを逃さないショート中通しエギングロッド「エメラルダス STOIST AGS IL 76M」が登場した。取り回しよく、強風下でもストレスなく釣りに集中できるロッドだ。

「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」の特徴

artimgpreview

出典:エメラルダス STOIST AGS IL (インターラインモデル)

山田氏の突き詰めたい要素である「軽量であること」「高感度であること」「張りを抑えながら、しなやかでトルクを持ったブランクであること」をとことんまで尖らせたエギングロッド「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」。

上記の条件を満たすためにブランクとエントランスガイドに徹底的にこだわったロッドだ。

ブランクは「SVFナノプラス」

軽量性と感度、しなやかさを高次元で融合する「SVFナノプラス」を採用し、ブランクを製作。樹脂の量を減らし、カーボン繊維を密入することにより、そのままでも強力だった従来のカーボン繊維をさらに強化している。

新型「AGS」を採用

stoist_cut10_1

出典:エメラルダス STOIST AGS IL (インターラインモデル)

ダイワ独自のガイドである「AGS」。類を見ないほどまでに軽量化されているガイドだが、このロッドにはさらに軽量化された新型の「AGS」が搭載されている。

新型は従来よりも15%軽量になり、強度は10%向上。振り抜きスピードの向上や素早いブレ収縮による飛距離の向上を期待することが可能だ。

トップ部はアウトガイド並みのしなやかさ

従来の「中通しロッドのティップは径が太い分硬い」というイメージを覆すしなやかな「スーパーフレックストップ」を採用。中通しということを忘れてしまうくらいの使い心地を手にいれた。

取り回し抜群のショートロッド「76M」

3.5号のエギを中心とした取り回しのよいショートロッド。やや張りのある7.6フィートのレングスで、強風化やナイトゲームにおいてもキャスト時はしっかり振り切れ、糸絡みを恐れず安心してシャクリ続けることができる。

ショートロッドならではのダイレクト感はエギを自由にコントロールでき、相反するソフトティップは潮流の変化も敏感にキャッチ。数少ないチャンスをモノにするため長時間のジャークにおける体力・集中力的にも大きなアドバンテージを持っている。

「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」のスペック

モデル名 長さ(cm) 適合ライン(PE-号) ルアー適正(g) 継数(本) 税込価格(円)
76M 229 0.4-1.0 104 2 61,500

「エメラルダス ストイスト AGS IL 76M」の発売日

2016年7月発売予定。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト