トップページ>ブラックバス>琵琶湖トーナメンターが伝授!水温をキーにしたビッグバスの狙い方

琵琶湖トーナメンターが伝授!水温をキーにしたビッグバスの狙い方

タグ: / /

アクセス 2015年06月06日

20150603171848

出典:俺のバスを探せ@赤野井 4月末~5月初旬 三村和弘 – YouTube

琵琶湖トーナメンターでブラックバスプロアングラーの「三村和弘」氏が、自身が得意とするアフタースポーニングのブラックバスの釣り方を解説した動画を公開した。

プロならではの視点だが、真似ができる点も多いのでぜひ参考にしてみてほしい。

トーナメンターが語る琵琶湖ブラックバスの釣り方

今回解説される三村和弘スタイルの釣り方は、食うタイミングの短いプリスポーンのブラックバスを狙うよりも、アフタースポーンのブラックバスの方が狙って釣れるタイミングが長い。

スポーニング期間のバスの動きを学ぶためには、アフタースポーンのブラックバスを狙うという考え方で、アフタースポーンのブラックバスを狙う。

水温やブラックバスの生態から考えるポイント選びやルアー選択は「さすがトーナメンター」の一言に尽きる。

琵琶湖の釣り人でなくても勉強になる動画なので、ブラックバスアングラーはぜひ参考にしてほしい。

金森隆志が激濁りの野池で「BULL TANK」を使ってビッグバス連発

春の川バスはここにいる!4月〜5月の釣り方と狙うべきピンスポット

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト