テーマ別

トップページ>釣行記>[マサさんからの寄稿] 「#3:シドニーでオオニベ狙い!冬の夜釣りはやはり渋い……」

image-1

1654アクセス 2016年06月17日

[マサさんからの寄稿] 「#3:シドニーでオオニベ狙い!冬の夜釣りはやはり渋い……」

image-1

はいっ!こんにちは。豪磯部のマサです。
第3回目の釣行レポートを皆さんにお届けします。

「#3:シドニーでオオニベ狙い!冬の夜釣りはやはり渋い……」

この日は仕事が終わった後に釣り仲間(カフェ屋のユー氏)と夜釣りに行きましょう!って事で久しぶりの夜釣りに行ってきました。

今回のターゲットは英語名では「ジューフィッシュ」と呼びますが、日本語では「オオニベ」になります。

日本でも人気の魚種だと思いますがシドニーではオオニベが多く釣れています。
最近の研究では雨の後の水かさが増えた後によく釣れるとの話もあり、「今回チャンスか!?」って事でした。(シドニーがあるオーストラリア東部は4日と5日にかけて大雨となり大嵐でした。外洋6.5mの波だったらしく尋常じゃない嵐となっていました 汗)

シドニーでオオニベ狙い!

そんなこんなで仕事が終わった21時頃に自宅から車で15分くらいの内湾にやってきて橋のふもとでキャストを開始。

まず投げたのはガルプワームを装着したジグヘッド

底まで落としてネチネチと底を探っていきますが、橋の下って事もあり流れがきつい・・・。

image-1

ネチネチさせてみて思いましたが、タックルがまず合ってない!!笑

10フィートの竿に「キャタリナ4000」とか重すぎる。

って事でネチネチ系はやめて、軽くシャクってワインドさせてみました。

ぴょーん、ぴょーんとやっておりましたが……反応無し。

ここからは色々なルアーのローテーションでした。

ガルプワーム(大)ジグヘッド→シマノ「サイレントアサシン」→ガルプワーム(小)ジグヘッド

色々なルアーを試しましたが反応は全く無い状態でした。

またシマノ[SHIMANO]の「サイレントアサシン」に戻し、足元までルアーを引いてきた時に発見!

チェイスしてきてる!小型の「テイラー」っという魚です。テイラーは日本にはいない魚種で「シーバス+イシモチ÷2」って感じでしょうか。

歯はするどくフィッシュイーターな魚です。身は白身で淡白な味なのでムニエル等にあうとの事(知り合い談)

その直後に同じラインにルアーを投げますがチェイスのみで喰ってきません……。ぬぬぬ……。

途中からオオニベ狙いと言うかテイラー狙いとなっております(笑)

そこからは一人完璧なテイラー狙いでガルプワームのジグヘッドに戻してジャークさせたり、早巻きして誘っていたら

来ました!!!

ブルルルルっと震えるロッド
ぐいっと合わせた直後です。

ふわぁ・・・

フッキングが甘いっと言うかフッキングしておらず・・・。
無残にもガルプのしっぽだけ食いちぎっていきました。

image-2

すぐにルアーを交換してキャストさせますが激渋です。その後は一切のアプローチが無くなりタイムアップとなりました。

きぃぃぃぃぃ!!!悔しい。

そして読者の方にはごめんなさい!
ここまで引き伸ばして結局ボウズと言う釣行記となりました。。。
3回目の釣行記でボウズ記事となってすいません!

それでは次回乞うご期待!
(がむばります!!)

釣行データ

日程

2016年06月09日

場所

シドニー・内湾

天気

夜釣り・晴れ

潮汐

大潮・上げ7部から実釣開始

今回のタックルセッティング

ロッド/ ダイワ「ラテオ 100MH」

リール/ダイワ「12 キャタリナ 4000H」

ライン/バリバス「アバニ キャスティングPE マックスパワー 3号」

リーダー/ナノダックス「キャスティングショックリーダー 40LB」

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト