ジグで寄せてフックで食わせる! 新しいオフショアジギング「フラッシュジギング」のやり方

タグ: /
2017年08月09日 (最終更新日:2018年01月16日)

目次

  1. フラッシュジギングとは
  2. フラッシュジギングのメリット
  3. フラッシュジギングのやり方
  4. フラッシュジギングのタックル

フラッシュジギングのタックル

ロッド

基本的に、ライトジギング用ロッドを使用する。ジグウェイトがMAX100〜160g程度の柔らかめのものが扱いやすい。

タイラバロッドも流用可能だが、柔らかすぎるために穂先が破損する可能性が高いためおすすめできない。

リール、ライン

PE1号前後をメインに使用するため、その程度の太さが200〜300m十分に巻けるラインキャパシティを備えたリールを揃えよう。

ベイトタックルもスピニングタックルもどちらも使用可能だ。

ベイトタックルならばシマノで300番、ダイワで200番程度、スピニングの場合には2500番がおすすめだ。

フラッシュジギングには太いPEラインは必要ない。

あまり太いラインを使用すると、ラインの重さがジグのフォールに影響を与えて本来のフラッシング効果を発揮できないため注意しよう。

ショアジギングからでももちろん使えるぞ

フラッシュジギングは根魚、タイ、青物、アジやイサキなど非常に幅広い魚種を狙うことが可能な釣り方。それはもちろん船に限った話でなく、ショアからでも言えることだ。

今が旬なこの釣り方、ぜひ一度試してみてほしい。

タグ: