ジグで寄せてフックで食わせる! 新しいオフショアジギング「フラッシュジギング」のやり方

タグ: /
2017年08月09日 (最終更新日:2018年01月16日)

目次

  1. フラッシュジギングとは
  2. フラッシュジギングのメリット
  3. フラッシュジギングのやり方
  4. フラッシュジギングのタックル

フラッシュジギングのやり方

フックは前後に装着

スロージギングのように、専用フックを前後両方のアイに装着する。

基本アクション

ジギングの基本操作といえば、ロッドを1回煽ってリールを1回転させる「ワンピッチジャーク」が一般的だが、フラッシュジギングではそれほど大きなシャクリは必要ない。

チョンチョンと軽く誘うだけで十分な集魚効果が期待できる

ただ巻きやワンピッチジャークも

基本の軽いアクションの他、ただ巻きでも十分釣れる。

さらに青物狙いの場合には通常のジギングのようなワンピッチジャークをする場合もある。

ジグの使い分け

水深やポイントにもよるが、50〜75gのものがローテーションの基本となる場合が多い。

さらにオーシャンフラッシュにはタングステンモデルもあるため、ノーマルのものとシルエットの大きさやフォールスピードを使い分けることも可能

フォールを早めたい場合にはタングステンモデルを、低活性時などゆっくり誘いたい場合にはノーマルモデルを使用したりと、ジグのタイプを使い分けるだけで釣りの幅がグンと広がる。

ブレードチューンも効果的

最近話題になっているのが、リアのアイにブレードを取り付けたブレードチューン

ブレードを付けるだけの簡単なチューニングだが、これによってさらなるフラッシング効果が狙え、ただ巻きでフォールさせるだけで抜群の釣果を得ることができる。

是非試してみてほしい。

【次ページ:フラッシュジギングのタックル】

タグ: