テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>ジグで寄せてフックで食わせる! 新しいオフショアジギング「フラッシュジギング」のやり方

ジグで寄せてフックで食わせる! 新しいオフショアジギング「フラッシュジギング」のやり方

タグ: /

アクセス 2017年08月09日

クレイジーオーシャン[CrazyOcean]が提案する新しいオフショアジギングである「フラッシュジギング」。今回は話題沸騰中のこの人気メソッドを使用するメリット、やり方やタックルを解説していく。中々釣れない状況でも魚に口を使わせるこの必殺メソッド、覚えておいて損は無い。

クレイジーオーシャン[CrazyOcean]が提案する新しいオフショアジギングである「フラッシュジギング」。

今回は話題沸騰中のこの人気メソッドを使用するメリット、やり方やタックルを解説していく。

中々釣れない状況でも魚に口を使わせるこの必殺メソッド、覚えておいて損は無い。

目次

  1. フラッシュジギングとは
  2. フラッシュジギングのメリット
  3. フラッシュジギングのやり方
  4. フラッシュジギングのタックル

フラッシュジギングとは

フラッシュジギングは、クレイジーオーシャンからリリースされている「オーシャンフラッシュ」というメタルジグと「フラッシュアシスト」という特殊な専用アシストフックを使用したジギングのこと。

フックがキモ

専用のアシストフックがキモで、ヒラ打ちがしてある特殊なフックだ。

基本的な考え方は、メタルジグで魚を寄せてフラッシングするフックで食わせるという新しいジギングである。

オーシャンフラッシュは変わったカット面をしているが、これはフォール時に回転しながらフラッシングするためのもの。

ベイトフィッシュが弱ってふらふらと沈んでいく様子をイミテートすることが可能なのだ。

また明らかにジグのサイズの餌を食わないようなイサキやアジ、ベラなどの魚が良く釣れるのもフラッシュジギングの魅力だが、これはフックのヒラ打ち加工によるもの。

このような魚はフックのフラッシングに食いついてきており、通常のジギングでは食わせるのは難しい。

スロージギングでもフックのフラッシングで食いついてくる場合もあるが、フラッシュジギングはさらにその特徴を強化したものと言って良いだろう。

低活性の魚にも効く!「スロージギング」のやり方と、釣れる魚まとめ

フラッシュジギングで釣れる魚

フラッシュジギングが人気な理由は、マイクロベイトパターンに対応できる上、非常に多彩なターゲットを狙える点が大きい。

主に狙える魚種を紹介していこう。

青物

ジギングのメインターゲットである青物ももちろんフラッシュジギングで狙うことができる。

青物狙いの場合は、ワンピッチジャークの誘いが有効だ。

マダイ

タイラバで狙うイメージが強いマダイだが、ジギングでも意外と狙える魚種。

フラッシュジギングによるスローな誘いはマダイにも口を使わせる。

イサキ

元々ヒラ打ちの針はイサキ釣り用の針であり、普通はジグに食いついてこないイサキなどの魚種も狙って釣ることができるのだ。

根魚

スローな誘いは根魚にも非常に有効。クエやマハタといった超高級魚も気軽に狙える釣り方だ。

【次ページ:フラッシュジギングのメリット】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト