テーマ別

トップページ>ブラックバス>おすすめのブラックバス用ベイトフィネスリールまとめ

IMG_3875-1

7223アクセス 2016年06月16日

おすすめのブラックバス用ベイトフィネスリールまとめ

IMG_3875-1

近年流行しているベイトフィネスの釣り。ベイトフィネスにはリールの性能の高さが必須のため、各社から専用リールがリリースされている。今回は、そんなベイトフィネスリールのおすすめをご紹介しよう。

ベイトフィネスリールおすすめ

アブガルシア「レボLT」

ベイトフィネス入門におすすめのモデル。レボLTXと同じブレーキ、スプール仕様でキャスト性能はほぼ同じながら実売2万円を切る価格であるのが魅力だ。ハイエンドモデルに比べれば超軽量ルアーのキャスト性能は劣るが、通常ベイトフィネスで使用するレベルの軽量ルアーを十分に使用可能。10数gのやや重めもルアーも扱いやすい。カスタムスプールなどでチューンを楽しむことも可能だ。

ダイワ「アルファスAIR」

コストパフォーマンスを重視するなら最もおすすめの一台。上位機種である「T3 エア」や「SS エア」と同様にG1ジュラルミン製AIRスプールやエアブレーキシステムを搭載しており、実売2万円代ながらも上位機種に肉薄する性能を持ち合わせている。また、UTD(アルティメットトーナメントドラグ)を採用し、細いラインを使用するためドラグ性能も重要なベイトフィネスにおいてスムーズなドラグ性能を実現している。

さらに、新設計のG1ジュラルミン製AIRスプールのため海水での使用も可能。上位機種に比べ幅広い使用用途も魅力である。

シマノ「アルデバランBFS XG」

ベイトフィネスリールとしては最高峰のモデル。特筆すべきはその自重で130gは最軽量クラスである。軽量ルアーをキャストするためにはスプールの軽量化が必要だが、アルデバランBFS XGはスプールからブレーキユニットを排除することによってシマノ最軽量のスプールを実現している。

このスプールによるブレーキシステムは、軽量ルアーのピッチングからオーバーヘッドキャストまで、コントロール性の高いキャストが可能であることが魅力だ。

ベイトフィネスを本格的にやりこみたいという方には、最高の一台になるだろう。

専用リールを使おう

ベイトフィネスをストレス無くこなすにはやはり専用リールが必要。購入の際の参考にしてほしい。

投稿ナビゲーション

タグ: / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト