テーマ別

トップページ>その他>ライトタックルでのワインド釣法のコツ

20160611194908

2625アクセス 2016年06月11日

ライトタックルでのワインド釣法のコツ

20160611194908

出典:How-to ライトワインド ショアから狙うガシラ(カサゴ)編

ライトタックルワインド釣法をおこなう「ライトワインド」。スポーツ性が高くカサゴなどのターゲットに効果的な釣法だ。

今回はオンスタックルデザイン[ounce tackle design]が公開したライトワインドのやり方を解説した動画を紹介しよう。

ライトタックルでのワインド釣法のコツ

ライトワインドのタックル

使うタックルはライトワインドの専用ロッドか、7フィート前後のアジングロッド。ティップはチューブラータイプのものが良い。それにPEライン0.3〜0.4号を巻いた2000番クラスの小型リールを装着しよう。

PEラインに装着するリーダーは、1号前後のものを使い、根が荒い場所やターゲットのサイズが大きい場合は1.5号を目安にするようにしよう。

ワームを装着するジグヘッドはワインド用のものを使い、3.5gほどのものを基準に場所によって上下させよう。

ライトワインドのやり方

キャストしたら糸ふけがでないように指でラインを調整しつつ、ボトムまでジグヘッドを落とす。その後、小さいロッドアクションで、ボトム周辺を探っていこう。

3回シャクってから、ロッドを下げて糸ふけを取りジグヘッドをフォールさせる。カサゴの場合はフォール時にバイトしてくるので、アタリを逃さないように集中してフォールさせよう。

ライトワインドに挑戦してみよう!

ライトゲーム用のタックルで手軽に楽しめるライトワインド。夏の根魚シーズンにも楽しめるので、気になった方はぜひ挑戦してみてほしい。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト