テーマ別

トップページ>ブラックバス>メガバスの新作虫系ルアー「タイニーシグレ」を野村俊介氏が実釣解説

キャプチャ (83)

2504アクセス 2016年06月11日

メガバスの新作虫系ルアー「タイニーシグレ」を野村俊介氏が実釣解説

キャプチャ (83)

出典:究極的 虫ルアーTINY SIGLETT!初夏の野尻湖でスモールマウスバスを完全攻略!by野村俊介 – YouTube

メガバス[Megabass]の新作虫系ルアー「タイニーシグレ」を野村俊介氏が実釣解説した動画が公開された。虫系ルアーにありがちな、バイトはするもののフッキングに至らないという問題を軽減させたルアーだ。

「タイニーシグレ」実釣解説

「タイニーシグレ」は、メガバスからリリースされている「シグレ」のダウンサイジングバージョンともいえる、全長30mmのスモールトッププラグ。見た目はオリジナルとほぼ変わらないようだ。

しかし、浮力をかなり抑えた設計となっているようで、トッププラグにありがちな、バイトはあるものの乗らないといった問題を軽減してくれるという。また、浮力を抑えているが故、ロングポーズを多用する場合にはPEライン、PEではアクションに違和感が出てしまうと感じたらフロロを使用したりと、ラインの使い分けにも注意が必要だ。

カラーローテーションについても解説されている。曇りやローライトコンディションの場合、ピンクやチャートなどのぼんやりとしたカラーが効果的。逆に、日中は黒などのシルエットのはっきりしたカラーで魅せて食わせる方が有効だそうだ。「タイニーシグレ」を使用する場合、基本的にバスは下からルアーを見上げる形になるため、ルアーの腹側のカラーを意識してローテーションをしよう。

特に、スモールマウスを狙う場合にはカラーローテーションが重要。動画でもカラーを変えた途端良型をキャッチしている。

「タイニーシグレ」のスペック

全長(mm) 重量(g) 価格(円)
 30  2.7 1,480

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト