テーマ別

トップページ>釣行記>[マサさんからの寄稿]#1:シドニー「ショアキャスティングでヒラマサGET!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2375アクセス 2016年06月02日

[マサさんからの寄稿]#1:シドニー「ショアキャスティングでヒラマサGET!」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

豪磯部・マサさん

初めまして!

オーストラリアはシドニー在住のマサと申します!今回シドニーから半年間に渡ってシドニーでの釣行記を皆さんにお伝え出来る機会を頂きました!これから釣果をキチンと出せるのかと内心ドキドキしております(笑)

この釣行記では日本で釣れない魚の釣果報告や、海外での釣りってどんな感じなのかが皆さんに伝われば良いなと思っています。ほっこり見守って読んで頂ければと嬉しく思います。

さて個人的な自己紹介をすると今年31歳の男であります。オーストラリアに妻と移住、2年ほど前から釣りを本格的に始めたペーペーでございます。

主な釣りスタイルは地磯からのショアキャスティングでの青物を狙い、毎週デカマサを夢見てキャストし続けております。ちなみに豪磯部という釣りブログも運用していますのでこちらも宜しくお願いします。

「ショアキャスティングでヒラマサGET!」

それでは第1発目の釣行記をお届けしたいと思います。

この日は「Whale Beach(ウェールビーチ)」というシドニーから1時間程離れた北部の磯にお一人様で上がってきました。この鯨浜はほぼホームグラウンドと呼んでも相応しいくらいの頻度でよく来ています。よく来る理由としての第1の理由はポテンシャルの高さ!!

15kgのコシナガマグロを釣れていたり、10kg級ヒラマサを釣れているのも実際に見た事もあります。

それくらいアツい磯なんですが、駐車場から15分程のゴロタ岩歩きで来れるのも魅力です。

さて、この日の海の状況は1.2mから1.1mへ波が下がっていく予定でした。しかし、風が途中から爆風になる予定でルアーをキャストするには不利な条件。

まぁ文句は言っていられません。夜明け前に駐車場を出発し、ゴロタ岩の上をてくてくと歩いて磯場を目指します。

15分程で磯場へ到着。ラッキーな事に磯場には誰もいません!独り占めでございます。(ラッキー)

いそいそとロッドを組み立て、ガイドにラインを通していきます。
この時のワクワク感はたまりません(笑)

装着するルアーはダイワ[DAIWA]製「ドラドポッパー 14Fサンマカラー」だったかな?
以前はショアジギングもやっていたんですが、トップウォーターの方がヒラマサの食いが良いって話でずっとトップウォーター投げています。(たまに浮気してミノーとかも投げますw)

実長開始時間が潮上げ7分くらいだったので、潮もよく動いているのが分かります。
目の前にも綺麗な潮目が出ていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【次ページ:オーストラリアの海で実釣!】

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト