テーマ別

トップページ>エサ釣り>キスの釣果を向上させよう! 仕掛けの動かし方のコツ

9451612225_1a33e32f20_k-1-720x540

12191アクセス 2016年05月28日

キスの釣果を向上させよう! 仕掛けの動かし方のコツ

タグ: /

9451612225_1a33e32f20_k-1-720x540

出典:Lori Wilson Park, Cocoa Beach FL | Flickr – Photo Sharing! (CC BY 2.0)

夏に比較的簡単に釣れ、初心者やファミリーにおすすめなキス釣り。生き餌で釣る場合置き竿で狙うこともできるがより釣果を向上させるためには、仕掛けをゆっくりと手前に引いてくる方がキスを効率的に釣ることが出来る。

今回はより効率よく釣果をあげるためコツを紹介する。

キスの釣果を向上させる仕掛けの動かし方

引き釣り」を取り入れる

引き釣りとは、仕掛けをゆっくりと手前に引いてきながらキスを誘う釣り方である。リールを巻いても、竿でさびいてきてもいい。

広範囲を探れる

仕掛けを一カ所に止めておく釣りに比べて、広範囲を探ることができる。また、仕掛けをゆっくりと動かすことで、キスが集まりやすい深みやブレイクラインを竿に掛かる負荷で見つけることが出来る。

キスにアピールできる

仕掛けを動かすことで、キスに対するアピールが大きくなる。

エサ取りを避けることができる

キス釣りではフグやメゴチなどのエサ取りが釣れることが多い。これらのエサ取りは動いているエサを追って食べるのは得意ではないのでキスだけを狙って釣ることが出来る。

多点掛けを狙える

キス釣りではふたつ以上の針を付けた仕掛けを使うことが多く、2匹以上のキスを同時に釣ることを多点掛けという。

引き釣りでは巻きスピードの調節で多点掛けを狙いやすくなる。

引き釣りのコツ

引いてくるスピード

仕掛けを引いてくるスピードは、目安として中型のリールを3秒で1回転させるくらいのスピードから始めよう。

キスのアタリが無い場合はスピードを落とし、キスのアタリがある場合やエサ取りが釣れる場合はスピードをスピードを上げよう。

多点掛けのコツ

多点掛けを狙う際にはまずキスを最も下の針に掛けるようにしよう。最も下の針に掛けることで仕掛けが張って大きく動くため、それがアピールになり次のキスが食い付きやすくなる。

最も下の針に掛けるためには、キスが食い付くギリギリのスピードで巻くのがよい。キスの活性によってスピードは異なるので、その日の最適なスピードを探そう。

タックルと仕掛け

キス釣りに必要な道具は以下の記事にまとめてあるので参考にしよう。

初心者はキスを釣ろう! 投げ釣りに使う釣具まとめ【入門者編】 – 釣報 [ツリホウ]

引き釣りでキスを釣ろう!

引き釣りは簡単な動きだが、置き竿よりもよい釣果を出すことが出来る。ぜひチャレンジして欲しい。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト