トップページ>その他>アピアのプロアングラーが解説!ナイトゲームで綺麗な釣果写真を撮影するコツ

アピアのプロアングラーが解説!ナイトゲームで綺麗な釣果写真を撮影するコツ

タグ: / /
アクセス 2016年05月31日

スクリーンショット 2016-05-24 23.02.18

出典:【FS大阪2013】APIAトークショー カメラ講座、講演松尾道洋・MC濱本国彦

ルアーでの釣りを楽しむ人の中には、釣った魚を持って帰らずにリリースする人も多い。そんな人が重要視するのは記録を残すための釣果写真である。

釣果写真にこだわる人は、写真のアングルなどにこだわって撮影する場合が多いが、暗く身動きの取りにくい夜の釣りでは撮影に苦労する場面もあるだろう。

そこで今回は暗いときでもきれいな写真を撮るためのコツを、APIA[アピア]のプロアングラーである、松尾道洋氏と濱本国彦氏が説明した動画を紹介する。

雑誌などに写真を提供することの多いプロのコツを参考にしてみよう。

ナイトゲームで綺麗な釣果写真を撮影するコツ

プロは雑誌やカタログなどに使用される前提で写真を撮影するため、写真を撮る技術も高い。

プロが意識しているポイントを解説した動画だ。

おすすめはコンパクトデジカメ

2人が釣行の際に持って行くのは防水でないコンパクトデジカメだ。

高価な一眼レフカメラは重く、水没の危険性から釣りには持って行かず、防水カメラはレンズのサイズが小さいため、夜にきれいな写真を撮ることができない。

これらの理由から防水ではない通常のコンパクトデジカメを使う。

eiro72kbpivr8net28su_320_480-44a08f33

出典:【CRAZY"COOL"HUNTER in HAMA】 チビバデル発売!!

自撮りのコツ

単独での釣行が多い人はセルフタイマーを使って自撮りをすることも多いだろう。

その際に上手くピントが合わなかったり、画面に魚と自分が入っていなかったりする失敗もある。

それを防ぐために予め魚を撮影位置に置いてピントを合わせ、タイマーをセットする。タイマーをセットした段階からピントが合っているのでピンぼけしにくくなる。

4b1ea075

出典:KEEP ON KEEPING ON

撮影の角度

魚だけを撮影する際には頭側から写すか、尾ひれ側から写すかで角度によって魚の印象が大きく変わる。

自分の好みの角度を見つけてみよう。

きれいな写真で釣果を残そう

釣った魚をきれいな写真で記録に残すことが出来れば、自分だけでなく他の人にも魚の美しさや迫力を伝えることが出来る。

ぜひこの動画で学んだコツを現場で活用し、メモリアルフィッシュとの記念写真を残してほしい。

関連記事

これであなたもユーチューバー!リーズナブルな本格防水・耐衝撃アクションカメラ「RICOH WG-M2」の抑えておきたい機能を紹介

リコーから動画やVR再生にも対応する「THETA V」が登場!アウトドアの思い出を360°記録できる高画質カメラ

釣った魚を大きく見せる? 遠近法を使ったトリックアイテム「FishyHands」が面白い

タグ: / /