テーマ別

トップページ>料理>釣った魚を美味しく食べよう! 味を損なわない「冷凍と解凍」のコツ

釣った魚を美味しく食べよう! 味を損なわない「冷凍と解凍」のコツ

タグ: /

アクセス 2016年05月24日

maira-1073381_1920

鮮度が大切な釣魚は、後日食べると味が落ちてしまうことも多いが、冷凍と解凍のコツを覚えておけば味を損なわず楽しむことができる。

今回は釣った魚の味を損なわないための冷凍と解凍のコツを紹介しよう。

釣魚の味を損なわない「冷凍と解凍のコツ」

下処理をしてから冷凍する

釣った魚は必ず内臓を取り除いから冷凍するようにしよう。

内臓を取り除いておけば、臭みや寄生虫が魚の身に移ることを防ぐことができる。

また、切り身にする余裕がある場合は味噌や塩麹などに漬けてから冷凍すると、解凍直後に調理することができ味も染み込んで美味しくなる。

ジップロックやアルミトレーに入れて急速冷凍する

冷凍する際に時間がかかると、解凍時に旨味や栄養を含んだ液である「ドリップ」が出やすくなる。

この「ドリップ」にはうまみ成分や栄養素が入っているので、ドリップを出さないように冷凍することが重要だ。

そのためには熱伝導効率のよいアルミトレーに入れるか、スペースがないならジップロックの冷凍用パックに入れて素早く冷凍するようにしよう。

解凍は冷蔵庫でゆっくりと行う

常温やレンジなどで解凍すると温度変化が多く「ドリップ」が出やすくなり、味や栄養素が損なわれやすくなる。

解凍するときは温度変化の少ない冷蔵庫でゆっくり解凍するようにしよう。

冷凍した魚は2週間以内には食べよう

今回は魚の冷凍方法について解説したが、やはり釣りたてよりは味が落ちてしまう。

遅くても冷凍後、2週間以内が一番新鮮で美味しい期間であることも覚えておいてほしい。

関連記事

イカを釣って漬けるだけ!沖漬けのタレにおすすめな激ウマ調味料3選

どちらが好み?知っておくだけで得する「刺身醤油と普通の醤油の違い」

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • メジャークラフト