テーマ別

トップページ>その他>引っ張るだけではダメ! 服に刺さった釣り針の取り方

20160524171609

29467アクセス 2016年05月24日

引っ張るだけではダメ! 服に刺さった釣り針の取り方

タグ: /

20160524171609

出典:釣り針が服に刺さった時 ( 針を取る方法 ) – YouTube

徐々に気温も高くなり、そろそろ釣りの最盛期シーズンに突入する。

最盛期になると年中釣りをしている上級者ばかりでなく、この時期だけしか釣りをしない方や初めて釣りに挑戦する方も多くなるだろう。

そんな時に覚えておきたいのが、服に刺さった釣り針の抜き方だ。適当に引っ張って抜くと、服に穴をあけることになってしまう。今回は服に刺さった釣り針の取り方を紹介しよう。

服に刺さった釣り針の取り方

釣りの仕掛けの扱いに慣れている上級者にもなると、釣り針を服に刺してしまうことは少なくなるが、扱いになれない方は仕掛けを投げるときや、回収するときに服に刺してしまいがち。

釣り針には「カエシ」と呼ばれる、魚の口に刺さったときに簡単に抜けないような仕組みがあるので、服から抜く時にはこれに注意しなければ、服に大きな穴が空いてしまう、

釣り針は一度糸を切ってから、針先の方から抜くようにすると服にダメージを与えず、穴が空かない。ファミリーフィッシングなどで、子供が服に刺してしまったときにも使えるので、上級者の方もおさらいしておこう。

身体に刺さったときは病院へ

紹介した動画の最後に記載されているように、身体に刺さった場合は病院に行き処置してもらうのが最善の策。

自力で抜けないこともないが、かなり危険なので、釣り針の扱いに慣れた上級者の方が釣りを続けるために行うものだと思っておこう。

身体に刺さった釣り針の抜き方

傷口を広げずに処置しよう! 刺さった釣り針を抜く方法

釣り人は覚えおこう! カエシ付きのフックが刺さってしまったときの「釣り針の抜き方」

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト