トップページ>エサ釣り>身近な堤防に潜む大物を狙おう!「コブダイ」の釣り方

身近な堤防に潜む大物を狙おう!「コブダイ」の釣り方

タグ: / /
アクセス 2016年05月18日

出典:広島県豊島のカンダイ実釣!!  アタリから取り込みまでのノーカット映像に収録成功 – YouTube

別名「カンダイ」と呼ばれる大物「コブダイ」をご存知だろうか?

身近な堤防に潜むため、タックルさえ揃えば釣るのも難しくない魚だ。

今回はそのコブダイの釣り方とわかりやすい実釣動画を紹介しよう。

「コブダイ」の釣り方

コブダイとは別名カンダイと呼ばれ、日本の南部、東シナ海、南シナ海に生息する魚。大きいものでは1mを超え、強力な顎と歯でサザエやカキ、カニなどを砕いて捕食する。

80cm、8kgの大型のコブダイの前アタリから取り込みシーンまでが収録されており、非常に見応えがある動画だ。

コブダイ釣りのポイント

コブダイは磯に数多く生息するが、身近な漁港などにも生息している。

コブダイを狙う場合は水深があり、堤防にコブダイのエサとなるカキが多く付着している漁港を選ぼう。堤防の基礎となる捨て石付近にいることが多い。

なかなか釣果情報が多く出回らない魚なので、自分でポイントを開拓しよう。

コブダイ釣りのタックル

スクリーンショット 2016-05-18 14.46.25

出典:広島県豊島のカンダイ実釣!!  アタリから取り込みまでのノーカット映像に収録成功 – YouTube

コブダイは最大で1mになり引きが強烈であるため、かなり強いタックルが必要となる。

ロッド

コブダイを専門に狙うのであれば、ロッドは3号以上の磯竿を使おう。

それ以外にもショアジギングロッドやジギングロッドなどでも流用できる。

動画ではジギングロッドが使用されている。

リール

スピニングリールでもベイトリールでも構わない。上記のようなロッドとバランスの合ったものを使おう。

ライン

ナイロンラインならば5号以上、PEラインならば3号以上を使用する。

仕掛け

コブダイ釣りではラインの先に針を付けるだけのシンプルな仕掛けがよく使われる。

針はグレ針10号やチヌ針4号以上を使おう。

エサ

コブダイ釣りではエサは主にカキを使う。近くの釣具屋で購入し、殻を半分ほど砕いて身に針を縫い刺しにして使おう。

また、コブダイ釣りではカキ殻を砕いたものを撒き餌として撒く。ハンマーなどを持参しておけば、釣り場で砕けるので便利だ。砕いた後は水で洗い流し釣り場をきれいに保とう。

釣り方

釣り方は仕掛けを足下に投入し、ひたすらアタリを待つだけである。時々竿をあおって誘いを入れるのもよ良い。

小さな前アタリの後に、強烈な本アタリがあるのでそのタイミングでアワセを入れる。

コブダイ釣りの注意点

  • コブダイは非常に強力な顎と歯を持っているので絶対に口に指などを入れないこと。
  • 置き竿で待っていると、竿が水中に引き込まれることがあるので竿にロープなどを結んでおこう。

身近な大物コブダイを釣ろう

タックルさえ揃えれば難しい釣りではないので、ぜひ身近な堤防に潜む大物コブダイを狙ってみよう。

関連商品

タグ: / /