テーマ別

トップページ>エサ釣り>これからの季節に楽しもう! 手軽に始められる「ザリガニ釣り」のやり方

crayfish-387133_640

10095アクセス 2016年05月13日

これからの季節に楽しもう! 手軽に始められる「ザリガニ釣り」のやり方

タグ: /

crayfish-387133_640

初夏から秋にかけて、小さな川や用水路、どこにでもある側溝などで気軽に楽しめるのが「ザリガニ釣り」だ。子供でも簡単に楽しめるそのザリガニ釣りの仕掛けと釣り方を紹介しよう。

「ザリガニ釣り」のやり方

ザリガニとは

本来ザリガニとは日本の固有種であるニホンザリガニのことを指す。しかし昭和時代以降、外来種であるアメリカザリガニの方が身近になったため、現在ではザリガニというと赤色や褐色をした後者を指すことが多い。

ザリガニの生息場所

ザリガニは川や池、用水路などの流れの緩い泥底の淡水域には大抵生息している。誰もザリガニを釣っていない穴場も多くあるので、釣り場を開拓するのも面白い。

ザリガニ釣りの道具

  • タコ糸
  • 割り箸
  • エサ(食パンの切れ端やスルメ、ソーセージなど)
  • 玉網(虫取り網でも可)

上記のような出来合いの釣り具で簡単に釣ることが可能。割り箸をロッドにし、先端に直接タコ糸を結んでラ釣り糸としよう。エサを糸の先端に巻き付ければ準備は完璧だ。

ザリガニは雑食であるため、エサは様々なものが考えられる。筆者が子供の頃は食パンやスルメ、ソーセージなどでザリガニを釣っていた。これ以外にも魚の切り身や肉などでも釣ることができる。

ザリガニの釣り方

ザリガニ釣りで面白いのはザリガニを見ながら釣る「サイトフィッシング」だ。

まずザリガニを見つけて、ザリガニをめがけてエサを垂らそう。

ザリガニはエサを見つけるとはさみで掴んで食べ始める。ザリガニがエサに夢中になっている隙にゆっくりと引き上げる。このタイミングが早いとザリガニがエサを離してしまったり、遅すぎるとエサを食べられ過ぎて効率が悪くなる。ザリガニとの駆け引きを楽しもう。

引き上げる際にザリガニは水面から出るとエサを離してしまうことが多いので、水面付近で虫取り網を使って確実にランディングするのがおすすめだ。

気軽にザリガニ釣りを楽しもう

ザリガニ釣りはとても簡単で、初心者や子供でも楽しく釣果を上げることができる。冬には冬眠してしまうため、夏だけの季節限定の釣りなので時期を逃さずに楽しんで欲しい。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト