テーマ別

トップページ>ブラックバス>村上晴彦氏がイッセイのバイブレーション「C.G.ザリバイブ」を徹底解説

キャプチャ (65)

3532アクセス 2016年05月05日

村上晴彦氏がイッセイのバイブレーション「C.G.ザリバイブ」を徹底解説

キャプチャ (65)

出典:村上晴彦がG.C.ザリバイブ(一誠)を超詳しく解説【水中映像あり】 – YouTube

村上晴彦氏がイッセイ[issei]のバイブレーション「C.G.ザリバイブ」を徹底解説した動画が公開された。是非参考にしてほしい。

村上晴彦氏が「C.G.ザリバイブ」を徹底解説

「C.G.ザリバイブ」といえば、村上晴彦氏が自己記録である64cm、5700gというビッグバスをキャッチしたルアー。動画ではそんな高実績ルアーを徹底解説している。

「C.G.ザリバイブ」の大きな特徴はなんといってもシミーフォール(左右にゆらゆらアクションするフォール)中のラトル。挿入されている水中動画でも、その明確なラトルサウンドを確認することができるだろう。このラトルサウンドを実現するのは容易ではなく、ラトルの大きさやウエイトバランスなどの細かい調節の末可能になったものだ。

次に特徴なのが大きな引き抵抗。水を面で受けて引き抵抗が強いだけのルアーは釣れるルアーとは言えないが、「C.G.ザリバイブ」の引き抵抗は大きなアクションによるもの。低速でもしっかりと動いてくれるため、リフト&フォールだけでなくただ巻きも非常に効果的だ。

また、使用する際の注意点も解説されている。リフト&フォールの時にメリハリのあるアクションをつけようと、ロッドの曲がりが戻る前にラインを緩めてしまうと前述の大きなアクションゆえにフックがラインを拾ってエビになってしまいやすい。ロッドの曲がりが戻るのを確認してからラインを緩め、シミーフォールに移行するように意識して使おう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト