テーマ別

トップページ>ブラックバス>村上晴彦氏がイッセイの新製品「誠魚」と「キャラメルシャッド」の違いを解説

キャプチャ (64)

2018アクセス 2016年05月04日

村上晴彦氏がイッセイの新製品「誠魚」と「キャラメルシャッド」の違いを解説

キャプチャ (64)

出典:村上晴彦が誠魚とキャラメルシャッドの違いを現場解説 – YouTube

村上晴彦氏がイッセイ[issei]の新製品「誠魚」と「キャラメルシャッド」の違いを解説した動画が公開された。使い分けて実釣に役立てよう。

「誠魚」と「キャラメルシャッド」の違い

「誠魚」と「キャラメルシャッド」の大きな違いは素材にある。「誠魚」には塩が入っていないのに対し、「キャラメルシャッド」には塩の入った素材を使用しているのだ。ゆえに誠魚は、低比重のためより素早いアクションが可能となっている。一方でキャラメルシャッドは動きが重たいのかと思うかもしれないが、テールに水を引っ掻きハイピッチな動きを可能にする形状を採用しているため、高比重という素材ながら素早い動きが特徴のワームだ。

同じシャッドテールではあるが、素材からテール形状まで様々な部分が異なる。状況によって使い分けてさらなる釣果を目指そう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト