テーマ別

トップページ>ブラックバス>人気ベイトリール、ダイワ「タトゥーラHLC」のスプール交換方法と注意点

キャプチャ (62)

4920アクセス 2016年05月03日

人気ベイトリール、ダイワ「タトゥーラHLC」のスプール交換方法と注意点

キャプチャ (62)

出典:村上晴彦がタトゥーラHLC7.3L-TWのスプール交換を実演 – YouTube

村上晴彦氏がダイワ[DAIWA]のベイトリール「タトゥーラHLC」の現地でのスプール交換方法を解説した動画が公開された。タトゥーラならではの注意事項もあるので、是非参考にしてほしい。

「タトゥーラHLC」の現地でのスプール交換方法

スプール交換は低い位置で行う

現地でスプール交換を行う場合、立ったままだと万が一スプールを落としてしまった場合スプールに傷やへこみがついたり、故障の原因となってしまう。水中へ落としてしまう可能性もあるだろう。なるべく地面に近い位置でスプール交換をするようにしよう。さらに言えば、下にタオルなどを敷くのがベストだ。

クラッチは必ず切っておく

元々ついていたスプールを取り外し別のスプールをはめ込む際には、必ずクラッチを切っておこう。タトゥーラならではの注意事項なのだが、スプールをはめ込む際にハンドルを空回りさせてしまうとギアが欠けてしまう恐れがあるのだ。

サイドプレートのネジは締めすぎない

スプールを交換し終えたらサイドプレートをはめてネジを締めるのだが、この際にドライバーやコインなどを使ってきつく締める必要はない。後で工具などを用いずに手で簡単に開けられるように、手で締めることができる範囲でやれば問題は無い

正しいスプール交換を実践しよう

正しいスプール交換をすれば、交換時の故障や破損を防ぐことができる。ぜひフィールドで実践してほしい。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト