トップページ>その他>春がベストシーズン! 「潮干狩り」のやり方まとめ

春がベストシーズン! 「潮干狩り」のやり方まとめ

タグ: / /
アクセス 2016年04月21日

出典:潮干狩り2014_017 | Flickr – Photo Sharing!

春からの夏にかけてのレジャーとして大人気の「潮干狩り」。

同じ時期に旬のメバルや真鯛などとともにアクアバッツァにしたり、酒蒸しにして美味しいアサリなどの貝類を採取することができる。

今回は、そんな潮干狩りの基本的なやり方やコツをご紹介しよう。

潮干狩りのシーズン

基本的に、日中の干潮の時間が長く、海水温も上がってやりやすい4~5月がベストシーズンだ

このころになると、各地の潮干狩りスポットには多くの人が訪れるようになる。

潮干狩りに必要なアイテム

バケツ・ネット

採った貝を入れておくものがバケツやネット。

貝をネットに入れておけば、そのまま砂抜きすることができるので便利だ。

熊手・スコップ

砂を掘って貝を探すための道具。熊手だと掘った貝に気付かない場合もあるため、スコップで砂ごと掬ってざるなどで広げながら探すのも良いだろう。

バケツやネット、熊手などは潮干狩りセットとして販売されている場合も多い。

釣具屋で販売されていることもあるので、近くの店舗に立ち寄ってみよう。

飲み物

砂浜では強い日差しを避けるものがなく、潮干狩りに夢中になっているうちに熱中症になってしまう恐れもある。

必ず飲み物を持参しよう。ペットボトルの飲み物を持っていけば、飲み終えた容器に海水を入れて持ち帰り砂抜きの際に使用することができる。

帽子・日焼け止め

こちらも熱中症や紫外線対策として必須のアイテムだ。

これらを準備してないと、翌日に大変なことになるので注意してほしい。

タオル

汗を拭いたり洗った手足を拭いたりと使用頻度は多い。

できれば多めに持っていこう。

クーラーボックス

飲み物や食べ物を冷やしたり、採取した貝を入れておいたりと何かと重宝する。

また、しゃがんだままが大変な場合にが椅子替わりにもなるだろう。

【次ページ:潮干狩りのコツ】

タグ: / /