テーマ別

トップページ>シーバス>川・河川・埠頭の状況別おすすめシーバスルアーをプロアングラー大野ゆうき氏が解説

スクリーンショット 2016-04-10 12.43.11

9574アクセス 2016年04月10日

川・河川・埠頭の状況別おすすめシーバスルアーをプロアングラー大野ゆうき氏が解説

スクリーンショット 2016-04-10 12.43.11

出典:「大野祭り」対象ルアーの攻略術 – YouTube

シーバスゲームにおいて最も重要といっても過言ではないルアーの選択。しかし各メーカーから多くのルアーで発売されているため選択に迷うこともあるだろう。

そこで今回はプロアングラー大野ゆうき氏がシーバス攻略のための状況別のおすすめルアーを解説した動画を紹介しよう。

大野ゆうき氏が解説する状況別おすすめルアー

運河や埠頭でのおすすめルアー

「B-太 70」

フラッシングが強く、デイゲームでも活躍するルアー。壁際をトゥイッチを入れつつ巻いてくるような使い方が効果的。

コウメ 60 ハンドラー

壁際にキャストし、ボトムまで落とした後のリフト&フォールやストップ&ゴーが効果的。さらにトゥイッチを入れてミノーのように使うことも可能だ。

河川でおすすめのルアー

コモモⅡ 90

デッドスローでもしっかりとアクションさせながら巻くことのできるルアー。上流にルアーをキャストするアップクロスの釣り方で表層を引き波を立てながら巻くようにしたい。

モルモ 80

コモモよりも飛距離を出すことができるルアー。広く探りたいときにはどうしても流れが強い場所まで飛んでしまうが、そんなときでもアクションが大きくなりすぎず、タイトにアクションしてくれる。

大野氏のおすすめルアーを参考に!

シーバスゲームが発展し、ルアーが多様化するとどれを選んでいいかわからなくなってしまう、そんなときはプロアングラーのおすすめを参考にしてみよう!

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト