トップページ>エギング>内臓(ワタ)も楽しめる!「イカの酒盗」の作り方

内臓(ワタ)も楽しめる!「イカの酒盗」の作り方

タグ: / / / / / /
アクセス 2016年04月07日

スクリーンショット 2016-04-07 18.46.05

出典:イカ肝の酒盗の作り方  How to make pickled squid entrails mixed with sake and salt

日本では年間通して様々な種類のイカを釣ることができる。

釣れたてのイカは刺身や炒め物、フライなどで絶品の味だが、釣りたての活きのいいイカは身だけでなく内臓(ワタ)も楽しめることを忘れてはいけない。

今回はイカの内臓を使って作る酒盗(塩辛)の作り方を紹介しよう。

イカの酒盗(塩辛)の作り方

作り方は非常に簡単だ。火を通さず食べるため、必ず活きのいい新鮮なイカを選んで作ろう。

  1. イカの内臓を傷つけずに取り出し、墨袋をとったら塩を振って冷蔵庫で1日置く。
  2. 滲み出た水を取り除き、細かく刻み日本酒を少量混ぜて練って完成。

これにイカの刺身を加えればイカの塩辛になり、お茶漬けなどで美味しく食べることができる。

スルメイカやヤリイカなどはアニサキスがいる可能性が高いので、一度冷凍してから作るか、細かく刻む際に取り除くようにしよう。

かんたんに作れる酒の肴

酒盗は誰でもかんたんに作れる酒の肴。

そのまま食べても、お茶漬けにしても、イカの身にかけて焼いても美味しいので、ぜひ一度作ってみてほしい。

関連商品

タグ: / / / / / /