トップページ>エギング>4万円以上の高級エギングロッドおすすめ5選!至高の使い心地を体感しよう!

4万円以上の高級エギングロッドおすすめ5選!至高の使い心地を体感しよう!

タグ: / / / / / /
2018年10月05日

カリスタ 出典

出典:Calista82M TZ/NANOでの長崎エリア、エギング釣果報告!! | YAMAGA Blanks

エギングロッドは1万円を切るエントリーモデルから超高級モデルまでさまざまなロッドが発売されている。

今回は数あるエギングロッドの中でも各メーカーのフラッグシップモデルに位置付けられる、4万円以上の高級エギングロッドを紹介していこう。

高級エギングロッドは何が違う?

小イカ

高級エギングロッドは軽量化にこだわっているモデルが多く、一日中シャクっていても疲れない。

またロッドの感度がずば抜けており、小イカの足先が軽く触れたようなアタリも捉えることができる

エギングシーン

一方で従来の感度にこだわったモデルはロッドの張りが強いものの、しなやかさに欠けることが多く、慣れない初心者には逆に扱いづらいという難点もあった

しかしながら最新のフラッグシップモデルはその欠点も解消し、究極の感度としなやかさを両立させているのだ。

4万円以上の高級エギングロッド

ダイワ「エメラルダス ストイスト AGS」

ダイワから発売されている、山田ヒロヒト氏・完全監修の元生まれたフラッグシップモデルのエギングロッド。

高感度でありながら張りを抑え、かつ軽量感にこだわって作られている

10フィート8インチという他社にはない規格のロングロッドもラインナップされているが、それでも130gしかないというのだから驚きだ。

ヤマガブランクス「カリスタ TZ nano」

ヤマガブランクスから発売されている、最新鋭のテクノロジーをふんだんに盛り込んだ、同社のフラッグシップモデルのエギングロッド。

ロッドのレスポンスが非常によく、「思いのままにエギを動かせる」とエキスパートアングラーからの評価が高い

また、感度を極めた上級者向けモデル独特の張りも少なく、誰が使っても使いやすいと感じられるロッドに仕上がっている。

シマノ「セフィア エクスチューン」

シマノから発売されている、渋い状況への適応力を向上したフラッグシップモデルのエギングロッド。

感度を残しつつも、しなやかさにこだわったブランクスを採用しており、アクション時はエギに不自然な動きを与えない

1.5号の超小型エギから大型エギまで対応し、年間のエギングシーズンを1本で網羅できる汎用性も魅力である。

アレス「DREAMS 夢墨 TORZITE RV」

アレスから発売されている、玄人アングラーに愛されるフラッグシップモデルのエギングロッド。

同社の卓越したテクノロジーを集結させたことにより、ブランクのポテンシャルを極限まで引き出すことに成功した

ガイドやリールシートも最高級品を採用し、ほぼすべてを備えた至高のエギングロッドであると言えるだろう。

レガーメ「X-ARUMATURA 斬」

出典:エギングロッド – LEGAME

一部の玄人エギンガーから絶大な支持を得ている、知る人ぞ知る高級エギングロッド。

高弾性4軸カーボンやトルザイトリングガイドなど妥協のない素材を使用しつつ、無駄を徹底的に省いた美しいデザインが魅力だ

本製品はAmazonや楽天などのネットショップでは扱っておらず、同社公式HPの通販もしくは一部のプロショップのみでの購入となる。

レガーメ 公式HPはこちら

一度使えば病みつきに

最高級のロッドを購入したからといって、劇的な釣果が望めるとは限らない。

しかしながら、手にぴったりと馴染む感触は一度使ったら病みつきになり、結果的に好釣果にも結びつきやすくなるだろう。

一年中アオリイカを追いかける本格派アングラーは、至高の使い心地を誇るフラッグシップモデルを購入して損はないはずだ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

エギング初心者の壁を越えよう!エギの着底がわかるようになる5つの方法

着用すれば釣果が伸びる!?エギングにおすすめウェア5選

秋エギングに行く人は必読!リリースしたイカの生存率を高める4つの方法

タグ: