テーマ別

トップページ>オフショア(船釣り)>石毛卓がアイマのオフショアジグ「GUN吉」を使ったジギングを実釣解説!

スクリーンショット 2016-04-01 10.14.06

1118アクセス 2016年04月01日

石毛卓がアイマのオフショアジグ「GUN吉」を使ったジギングを実釣解説!

スクリーンショット 2016-04-01 10.14.06

出典:石毛卓 【GUN吉オフショアモデル】銚子沖ホウボウ&サワラジギング

ひとつテンヤ&スロージギングの名手として知られる石毛卓が、地元銚子のジギングゲー­ムに「GUN吉」のオフショアモデルを使って挑戦する動画が公開された。

 「GUN吉」のオフショアモデルでジギングゲーム

今回のターゲットは高級魚として知られるホウボウと春が旬のサワラ。ホウボウはベイトタックルを使ったスロージギングで狙い、サワラはスピニングタックルを使ったハイピッチジャークで狙う。

両方の使い方に柔軟に対応するのもGUN吉の特徴だ。

スロージギング時の「GUN吉」の使い方

「GUN吉」をスロージギングで使用する際は、着底後大きく持ち上げフォールやロングフォールを間にいれつつ巻いてくる。

特にフォール時に食ってくることが多いため、ラインの動きでアタリを取ろう。

春のジギングシーズンで活躍!

スロージギングにも通常のジギングにも対応する「GUN吉」。様々な魚種が狙える春のジギングシーズンで活躍すること間違いなしのジグだ。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: / / / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト