テーマ別

トップページ>その他>カンナが痛んだエギを再利用!「エギ型ルアー」の作り方

スクリーンショット 2016-03-28 15.16.03

4725アクセス 2016年03月28日

カンナが痛んだエギを再利用!「エギ型ルアー」の作り方

スクリーンショット 2016-03-28 15.16.03

出典:魚用のエギを作るっ!/Attach Fish Hook to Squid Jig.

オフシーズンに錆びたり、大型イカとのファイトで伸びることがあるエギの針「カンナ」。通常のルアーならフックの取り替えは簡単だが、カンナの取り替えは非常に面倒。

そこで上記のようなエギを通常の魚を釣れるようにリサイクルした動画を紹介しよう。エギング用に毎年たくさんのエギを購入する方にぜひ参考にしてほしい。

エギのリサイクル方法

エギ型ルアーの材料

エギ型ルアーの作業手順

  1. エギからカンナを取り外す。
  2. エポキシ接着剤を使い、内部に水が侵入しないようにする。
  3. エギのボディにルアー用ヒートンを装着するための穴を開け、エポキシ接着剤を流し込む。
  4. ヒートンを取り付け、再度接着剤で固定したら接着剤が乾燥するまで待つ。
  5. 最後にフックを取り付けて完成。

意外なほどに簡単な作業でイカ用のエギをルアー用に変更することができる。動画のようにダイソーのエギから挑戦してみると失敗を気にすることなく作業ができる。カンナの痛んだエギを無駄にしないためにもぜひ挑戦してみてほしい。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト