テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>誰でも簡単! 「ジグパラヘッド」と「ジグパラワーム」を使った五目ライトゲームをヒロセマンが解説

キャプチャ (33)

2119アクセス 2016年03月23日

誰でも簡単! 「ジグパラヘッド」と「ジグパラワーム」を使った五目ライトゲームをヒロセマンが解説

キャプチャ (33)

出典:ジグパラヘッド&パラワームで波止五目を満喫!vol.1 – YouTube

メジャークラフトのヒロセマンが新作のジグパラヘッド、ジグパラワーム五目釣りポイントについて解説する動画が公開された。誰にでも手軽に行うことができる釣りなので、初心者の方は是非参考にしてほしい。

五目釣りのポイント

日中はリアクションの釣り

まだ周囲が明るい状況では、どんな魚もルアーを見切りやすく、釣りにくい。そんなときは、ダートアクション専用ジグヘッドを使用することで魚に反射的に口を使わせる釣り方が有効。ダートという素早い動きに、魚は思わず口を使ってしまうのだ。

ダートの釣りをする場合は、一旦底まで沈めてからアクションを開始するのが基本中の基本だ。

防波堤で狙うべきポイント

まず、フィッシュイーターが留まりやすいポイントを見つけるためには、フィッシュイーターがエサを追い詰めやすい場所はどこかを考える必要がある。それは、主に水面とボトム、そして壁際である。

特に、防波堤のコーナー状になっている場所は絶好のポイント。見つけたら必ず攻めてみよう。

また、エサが豊富な潮通しの良い場所、つまり防波堤の先端付近も狙い目だ。

巻きの釣りへのシフト

夜になってくるとダートなどの速いアクションには追いつけない魚も多い。そんなときはゆっくりと巻いて誘う釣りへとシフトすることによって、五目釣りの魚種を増やすことが可能になる。

巻きの釣りでは単純に防波堤の際などをゆっくりただ巻きすればよいのだが、ポイントは一定速度で巻くことだ。

これは初心者にはなかなか難しいテクニックなのだが、意識して練習すればできるようになる。ただ巻きのときには注意してみよう。

五目釣りを楽しもう

身近な防波堤で手軽に楽しむことができるライトゲームの五目釣り。是非チャレンジしてみてはいかがだろうか。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト