テーマ別

トップページ>ブラックバス>ヘドンの名作ルアー「ビッグバド」はなぜ釣れる? 特徴を詳細に解説

キャプチャ (32)

6825アクセス 2016年03月23日

ヘドンの名作ルアー「ビッグバド」はなぜ釣れる? 特徴を詳細に解説

キャプチャ (32)

出典:プラドコTVバス釣り動画 ビッグバドには釣れる要素がいくつもある ヘドンHeddon Big Bud – YouTub

バス釣りをやったことがある方なら一度は目にしたことがあるであろうへドン[Heddon]の「ビッグバド」。

その見た目から「こんなルアーで釣れるの?」と思っている方も多いのではないだろうか。実は、「ビッグバド」には釣れる理由が数多く存在するのである。今回は、その理由を紹介していこう。

「ビッグバド」が釣れる理由

多彩なアクション

引き波を立ながらトレースしていくウエイクベイトの本来の使い方はもちろんのこと、ドッグウォークトゥイッチ、キックバック、ダートなど非常に多彩なアクションを出すことができるルアーただ巻きでしか使ったことが無いという方は、是非ロッドワークでビッグバドを操作してみてほしい。その芸達者ぶりに驚くはずだ。

大きな波動

特徴的な大きいかつハイフロートのボディは水押し力が抜群。この大きな水押しがバスにスイッチを入れる要素となるのだ。

ブレードの効果

お尻に付いているブレードも大切な役割を果たしている。ブレードは、アクションをするたびにボディへ干渉してカチカチと高い音を出し、広範囲のバスにアピールすることが可能。また、音だけでなくフラッシング効果も期待できる重要なパーツなのだ。

釣れるアクションを研究しよう

見た目からはなかなかキャストするのを躊躇してしまいそうな「ビッグバド」。実は、バスを惹きつける要素が詰まったルアーなのだ。動画を参考に、「ビッグバド」の自分だけの本当に釣れるアクションを探し出してほしい。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト