テーマ別

トップページ>エサ釣り>これで初心者でも釣れる! 「サヨリの釣り方」まとめ

e0293384_13234669

13214アクセス 2016年03月23日

これで初心者でも釣れる! 「サヨリの釣り方」まとめ

e0293384_13234669

出典:小物釣りのススメの画像|エキサイトブログ (blog)

サビキ釣りやチョイ投げに次ぐファミリーフィッシングとして親しまれているサヨリ釣り。早春のまさに今の時期が型も良く、旬の季節である。

今回は、今の時期手軽に狙えてなおかつおいしいサヨリの釣り方を解説しよう。

サヨリとは

防波堤で釣りをしていると、水面直下をすいすいと泳ぐサヨリを目にすることも多いだろう。サヨリは回遊魚であり、北海道から九州までの沿岸部という幅広い地域で狙うことが可能な魚である。

回遊魚であることから、回遊しているか否かの情報をいち早く得ることが釣果への近道となる。魚さえいれば釣るのは難しくない魚なので、ファミリーフィッシングの対象魚としてもオススメだ。

そして、サヨリの魅力はなんといってもその食味。程よく脂の乗ったクセの無い身は様々な料理に合い、刺身、汁物、天ぷらなど、どれも絶品だ。釣れたら是非様々な料理で味わってみてほしい。

サヨリが釣れるポイント

先程も述べたように、サヨリは回遊性の強い魚。よって潮通しの良い防波堤などが主なポイントとなるだろう。また、サヨリの回遊の有無を釣具店などでしっかりと確認しておく必要がある。

サヨリ釣りの仕掛け

サヨリ釣りでは、主に「飛ばし仕掛け」と「連玉仕掛け」の2種類を使用する。飛ばし仕掛けは遠くのポイント狙うときに、連玉仕掛けは近くのポイントを狙う時に適している。

飛ばし仕掛け

sayori01

連玉仕掛け

sayori02

出典:サヨリ釣り||海釣り・波止釣り【釣り方講座】

サヨリの釣り方

サヨリ釣りでは、サヨリの居るポイントを見極め、コマセによってサヨリを寄せることがなによりも重要である。飛ばし仕掛けの場合は、飛ばしカゴに詰めるコマセが撒き餌となるため、こまめに仕掛けを回収して投入し直す必要がある。

また、連玉仕掛けの場合は柄杓を用いて自分でコマセを撒く。この際に、少しずつこまめに撒き餌をするのがコツだ。

アタリの出方は様々で、これもサヨリ釣りのおもしろいところ。しかし、よくわからないアタリに戸惑っているうちに針を飲まれてしまう可能性もある。回遊している一瞬がチャンスの釣りだけに、針を飲まれて手間取るのは痛いタイムロス。少しでも怪しいと思ったらアワセをいれてみよう

後は食べるだけ!

釣った新鮮なサヨリは刺身、焼き物、揚げ物など何にしても絶品。是非旬の味を堪能していただきたい。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト