ルアーアクションの参考に! 「バチ抜け」の水中映像を紹介

タグ: / / /
2016年03月21日 (最終更新日:2018年03月03日)

出典:バチ抜け映像!

毎年初春に全国で見られる「バチ抜け」。シーバスアングラーには数釣りのチャンスとして人気のシーズンだ。

今回はそんなバチ抜け中の水中の映像を収めた動画を紹介する。ルアーアクションの参考にしてみよう。

バチ抜けの水中映像

バチ抜けとは青イソメやゴカイなどの虫餌として使われる虫たちが産卵のために水底から出て泳ぎまわる現象のこと。

バチにも色々な種類があり、30cm前後の大型のバチや1〜2cmの小型も存在する。

バチを食べているシーバスはバチを偏食するため、バチに似せたルアーやアクションが必要だ。

大型バチパターン

シーバスが大型のバチを食べている際は、ややサイズは大きめの水中で漂うようにアクションするルアーがおすすめ。

巻きもスローで行い、水中をにょろにょろと漂うバチの動きを再現しよう。

小型バチパターン

小型のバチはくるくると螺旋を描くように、やや早い動きで泳ぎまわる。

小型のバチが泳いでいるポイントでは小型でやや早いアクションのルアーが好まれるだろう。

バチ抜けシーズンは数釣りチャンス

バチ抜けシーズンはシーバスの数が釣れるチャンス、初心者でも数を釣ることができる。

シーバスがどんなバチを食べているかを見極めて最適なルアーを選ぼう。

関連商品

タグ: