トップページ>シーバス>シーバスを寄せる能力はピカイチ!「ブレードベイト」の特徴と使いどころ

シーバスを寄せる能力はピカイチ!「ブレードベイト」の特徴と使いどころ

タグ: / /
2018年04月22日

現在のシーバスのデイゲームにおいてブレードベイトは欠かせないルアージャンルである。

このルアーでしかできない釣り、このルアーでしか釣れない魚もあるので、ここではその特徴・性能を解説する。

ブレードベイトとは

ブレードベイトとは、主に鉛でできたジグの後方に木の葉状の金属でできたブレードが付いており、リトリーブするとこれが回転するルアーである。

ブレードがキラキラと光を反射し、シーバスを寄せてくるので、デイゲームでは大きな武器となる。

また比重が大きいため、ボトムから表層まで広く探ることができるルアーだ。

ブレードベイトの特徴・効果的なポイント

ブレードベイトの特徴・水流の感じやすさ

ブレードベイトの特徴として「水流」を感じやすいということが挙げられる。これはブレードの部分が回転することで、しっかりと水を噛むからだ。

シーバスが釣れるのは海・川問わず水が流れている所であり、特に速い流れと遅い流れ・逆向きの流れなど異なる水流の境目は、ベイトがたまりやすくシーバスがそこで捕食している可能性が高い。

その水流を見つけることはとても大切だが難易度が高い。これをブレードベイトは容易にしてくれる。

ブレードベイトの特徴・浮き上がりの遅さ

次にブレードベイトの特徴として浮き上がりが遅いという点が挙げられる。これにより、遠投した先のボトムを丁寧に探れるというメリットがある。

ルアーをキャストし、リトリーブを開始したときにどれだけラインを張っても竿先からルアーまでは一直線にはならず必ずラインが水の抵抗を受け水面方向にたるんでいる。

この状況でルアーを巻くとルアーが一気に浮き上がりボトムをしっかりとトレースするのは難しい。

この点を、浮き上がりの遅いブレードベイトは解決してくれ、あまり人に攻められていない沖のボトムのシーバスを狙える。

ブレードベイトで攻めるべきポイント

ブレードベイトが苦手なポイントとしては比重が大きいため沈みが早く、水深のない場所には向かない。

以上をふまえてブレードベイトの特徴がしっかりと活かせ効果的に使えるポイントは水深のある障害物などの少ないオープンエリアである。

おすすめのブレードベイト

コアマン[COREMAN] /「パワーブレードシリーズ」

筆者が最も使っているブレードベイト。重さも30gあり水深が深いほど重いものを使っている。

PB−20は個人的に最も好きなルアーであり、ほかのルアーには見向きもしなかったシーバスが食ってくることがよくある。

表層も引けるためシーバスがうわずっている時や浅いポイントでも使いやすい。ぜひ使ってほしいルアーだ。

ちなみに30gよりも24gの方が価格が高いのはPB-24にはPB-30と同じシルエットを保ったまま重さだけを軽くするため希少金属レアメタルを用いているからである。

ストーム[STORM]/「ソーランブレード」

テール部の糸絡み防止のために、シリコンチューブを採用している。

ブレードベイトはエビになるトラブルが多発しやすいルアーだが、本製品はそれらのトラブルがほぼ皆無に等しい。

実績バツグンでありながら、安価で手に入る高品質なルアーのひとつだ。

アイマ[ima]/「スピンガルフ」

サスケやコモモなどで有名なルアーメーカー「アムズデザイン」。

巻き抵抗がブレードベイトの中では比較的軽く長時間の使用でも疲れにくい。

またアムズデザインのルアーは何と言っても目がかわいいので、使っていて楽しくなる。

理論の後は実践!実際にブレードベイトでシーバスを釣ってみよう

ブレードベイトはここぞという時に強いルアーのひとつだ。

このルアーでしか反応しない場面は必ずあるので、タックルボックスの中に必ず忍ばせておこう。

関連記事

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方

ルアーを理解してシーバスを釣ろう! 「バイブレーション」の特徴と使いどころ

タグ: