トップページ>エサ釣り>タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方

タナ取りをスムーズに!フカセ釣りでの水深の測り方

タグ: /
2016年03月19日 (最終更新日:2017年04月19日)

キャプチャ

出典:フカセ釣り 水深の測り方 – YouTube

フカセ釣りで重要になるのがタナ取り。今回は、簡単に水深を測る方法をご紹介しよう。

水深の測り方

まず水深を測るのに必要なのは、オモリにサルカンを取り付け、ゴム管を通したもの。これをセットした仕掛けの針に刺して使用する。オモリの重さは、ウキの浮力に負けない重めのものが良いだろう。

オモリを刺したら、大まかなタナまで浮き止めをセットし、仕掛けを投入する。最初のタナが浅かった場合にはウキが沈んでいき、深すぎる場合にはウキは浮いたままになるだろう。ここで浮き止めを動かし、ウキが若干沈むくらいにまで調節をすればタナ取りの完了だ。

チヌなどの主に底付近を狙う場合、タナ取りは必須。フカセ釣りでなくとも、カゴ釣りなど他の釣りでも応用できるだろう。ぜひ実践してみてほしい。

タグ: