テーマ別

トップページ>その他>シュノーケリングの常識が変わる! 水中で呼吸できる人工エラ「Triton」登場

スクリーンショット 2016-03-16 17.09.28

9987アクセス 2016年03月16日

シュノーケリングの常識が変わる! 水中で呼吸できる人工エラ「Triton」登場

スクリーンショット 2016-03-16 17.09.28

出典:Tritongills

なんと咥えるだけで水中で呼吸が可能になる水中酸素呼吸器が登場した。その名も「Triton」、”人工エラ”と呼ぶにふさわしい画期的な製品だ。

水中で呼吸が可能に!人工エラ「Triton」

人工肺に使われるホローファイバーを用いて、水中に溶けている酸素を取り出すという魚のエラのようなメカニズムの「Triton」。

スキューバダイビングのような重い機材を必要とせず、2時間ほど充電することで水中で45分間稼働するという。

さらに4.57mまで潜行できるとあって、レジャー方面だけでなく災害救助方面でも活躍しそうな商品だ。

価格は$299から

最終テストも終了し、量産体制に入っている「Triton」。価格は$299で保護ケース付きとのこと。商品の到着は2016年の12月予定なので、製品を使って楽しむのは2017年になってからだろうか。

信じられないほど画期的な製品、気になる方は公式ウェブサイトをチェックしてみよう。

公式ウェブサイト

Triton, Worlds First Artificial Gills Re-breather

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト