トップページ>シーバス>「下げ三分」「上げ七分」とは? 時合を狙うために知っておきたい潮汐の基礎知識

「下げ三分」「上げ七分」とは? 時合を狙うために知っておきたい潮汐の基礎知識

タグ:
アクセス 2016年03月12日

スクリーンショット 2016-03-12 11.30.08

出典:魚が釣れる「時合(じあい)」って何? – YouTube

釣りで釣果を得るためには、釣りをする場所以外にも “いつ釣りをするか”という「時合」も大切になる。

今回は一般的によく釣れるという「下げ三分」「上げ七分」とはなにか、その狙い方などを動画で確認してみよう。

魚がよく釣れる時合の考え方

どの時間が一番釣れるかは釣りをする場所によって変わってくるが、一般的には「下げ三分から七分」までと、「上げ三分から七分まで」と言われている。

満潮や干潮に近い時間だと潮の流れが緩くなるため、魚の食いが止まるためだ。

釣りに行く時は今日が大潮なのか小潮なのかということ以外にも、今日の時合はいつからいつまでなのかということを考えてみよう。

関連記事

知っておくだけで釣果が変わる!「潮の満ち干き」と「流れ」の基礎知識

関連商品

タグ: