テーマ別

トップページ>ブラックバス>ダメージを与えず素早くリリース! ブラックバスに針を飲まれた時の外し方

スクリーンショット 2016-03-10 15.26.06

28558アクセス 2016年03月10日

ダメージを与えず素早くリリース! ブラックバスに針を飲まれた時の外し方

タグ:

スクリーンショット 2016-03-10 15.26.06

出典:How to Remove a Hook from a Gut Hooked Bass by 1Rod1ReelFishing

バス釣りでノーシンカーリグテキサスリグなどのワームを使う釣り方をしているとバスがフックを丸呑みしてしまい簡単に取れなくなってしまう。無理矢理取ってしまうとバスにダメージを与えてしまい、リリースしても死んでしまう場合が多い。

今回はバスにダメージを与えず素早くリリースするフックの外し方を紹介しよう。

バスに飲まれたフックの外し方

バスの喉の奥まで針を飲まれた場合はなかなかすぐには外すことができず、無理矢理外すとバスを傷つけ大きなダメージを与えてしまう。特にワームを使った釣りではバスが吐き出さずに奥まで飲むことが多いため気をつけよう。

  1. 作業を行いやすいようにラインを切る。
  2. 素手ではバスが暴れた時に手を怪我する可能性があるので、プライヤーなどを使いフックをラインアイ側から抜く。

バス用のオフセットフックなどではカエシがついているものがほとんどなので、ラインアイ側から抜くようにするとダメージを与えることがない。スムーズに針を外してリリースするように心がけよう。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト