テーマ別

トップページ>料理>釣ったら作ろう! 「サワラの西京焼き」の作り方

20160310012703

4767アクセス 2016年03月10日

釣ったら作ろう! 「サワラの西京焼き」の作り方

タグ:

20160310012703

出典:サワラの西京焼き – YouTube

日本の幅広い地域で釣ることができ、なおかつ美味しいことで人気の魚「サワラ」。

上品でくせのない白身が特徴のサワラは、瀬戸内海や関西地方ではコクのある西京みそに漬け込んで焼く「西京焼き」という食べ方が好まれている。

今回はこの「西京焼き」の作り方を紹介しよう。

「西京焼き」の作り方

西京焼きの材料(4人前)

  • さわら/切り身4切れ
  • 味噌/大さじ1
  • みりん/大さじ1
  • 砂糖/大さじ1
  • 酒/大さじ1
  • 塩適量

西京焼きの手順

  1. さわらの切り身に切れ込みを入れて全体に軽く塩を振る
  2. 冷蔵庫で1時間置いた後表面の水気をしっかり取る。
  3. 味噌・みりん・酒・砂糖を混ぜた漬けだれを作る。
  4. 作った漬けだれをしっかりサワラの表面に塗り込み、冷蔵庫に一晩置いておく。
  5. 最後にグリルや焼き網で焼き目がつくまでしっかりと焼いたら完成だ。

いろいろな食べ方で楽しもう!

サワラは前述したようにくせがなく美味しい魚。刺身やムニエル、フライなど幅広い料理で楽しむことができるので、シーズンになったら釣りも料理も楽しもう!

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ:

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト