テーマ別

トップページ>その他>釣った魚は売ったらいくら? 寿司屋の魚買取価格まとめ

img-kaitori01

57673アクセス 2016年03月05日

釣った魚は売ったらいくら? 寿司屋の魚買取価格まとめ

img-kaitori01

出典:キャンペーン・魚の買取|廻転寿司 平四郎

船釣りなどで大型のクーラーボックスがいっぱいになるほど釣れてしまい食べるのに困った経験はないだろうか?

近所の方にお裾分けするのもいいが、実は回転寿司チェーン店などでは釣った魚を買取してくれるところもある。

釣った魚を売って次回の釣行費用を少しでも浮かせる釣魚買取サービスについて紹介しよう。

釣魚買取サービスとは?

釣魚買取サービスとはその名の通り、釣った魚を買い取ってくれるサービスのこと。

釣り人は釣った魚をお金にすることができ、店側は釣ったばかりの新鮮な魚をネタとして提供することができる。

爆釣してしまい魚の処理に困った”というときや、”魚を食べるのは苦手だが大型の高級魚が釣れた”というときに活躍するサービスだ。

釣魚買取の価格目安

では実際釣った魚はどのくらいの値段で売れるのだろうか?数店舗の買取価格を調べたところ、全国的に平均があるようだ。

以下に1kg当たりの価格の目安を紹介しよう。

  • マダイ/1,000円
  • ヒラメ/2,000円
  • アジ/600〜800円
  • ハマチ・カンパチなどの青物/800〜1,000円
  • カツオ/800〜1,000円
  • タチウオ/800〜1,200円
  • イサキ/800円
  • カジキ/250円
  • シイラ/250円
  • スズキ(シーバス)/300〜700円
  • アラ/4,000円
  • カワハギ/1,200円
  • ヤリイカ/1,200円

※伊勢海老などを買い取っているところもあったが、多くの店舗では伊勢海老やフグの買取は行っていなかった。

地域によって価格差があったが、高級魚であるマダイやヒラメはどこの地域でも似た価格だった。その地域で珍しい釣物ほど高値がつくと考えていいだろう。

近くの回転寿司屋に問い合わせてみよう!

釣魚買取は多くの回転寿司チェーンが行っている。持ち込み方や価格は店舗によって異なるので、爆釣した際は問い合わせてみよう。

また、持ち込む際は鮮度を高く保つために、必ず活き締めや血抜きをしておくようにしよう。

余裕があればここまでやろう! 元漁師が指南する究極の「魚の締め方」

関連商品

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト