テーマ別

トップページ>その他>【ジャパンフィッシングショー2016】メイホウ「ランガンシステム VS-7055」(タックルケース)

スクリーンショット 2016-03-01 15.00.39

4358アクセス 2016年03月01日

【ジャパンフィッシングショー2016】メイホウ「ランガンシステム VS-7055」(タックルケース)

スクリーンショット 2016-03-01 15.00.39

2016年1月29日から31日に開催された「ジャパンフィッシングショー2016」。釣報編集部でも取材として参加し、各出展社に今年の新製品やおすすめ製品を伺ってきた。

メイホウ[MEIHO]からはランガンの釣りで必要な機能が全て揃ったコンパクトなタックルボックス「ランガンシステム VS-7055」の紹介だ。

「ランガンシステム VS-7055」

すでに発売され、話題になるほど人気のこの製品。初期から下段と上段の2層構造で大容量なのに加え、後から様々なオプションを加えて拡張することのできるタックルボックスだ。

蓋を開くとハンドル部が脚になり、ルアー交換などの作業スペースになるため、ナイトゲーム中に細かい作業をしていてスプリットリングスナップがなくなることがなく、ラインを切った後のゴミなどもまとめやすくなる。

またハンドルを上げるとボックスの留め具を閉めてなくても開かないようになっているので、ランガンの最中にボックスの中身を落下させることもない。

上級者ほど、荷物が増えるルアーゲーム。ルアーの選択肢を増やし、戦略を豊かにすることができる商品だ。

Amazon

投稿ナビゲーション

関連記事

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト