テーマ別

トップページ>その他>サイズやタイプがこれで分かる! ダイワのベイトリールの「型番の読み方」まとめ

名称未設定 2

5322アクセス 2016年03月06日

サイズやタイプがこれで分かる! ダイワのベイトリールの「型番の読み方」まとめ

名称未設定 2

出典:DAIWA : ジリオン SV TW – Web site

リールには名前の後ろに数字やアルファベットが並んでおり、初心者の方はそれらの意味が分からずに困惑することも多いだろう。今回は、ダイワ[DAIWA]のベイトリールの仕様表示の読み方について解説する。

番手の読み方

ダイワの場合、3桁および4桁の数字で番手が表記されている。どちらの場合も前の2桁がリールのサイズを表すが、3桁の場合一の位の数字が0、3、5と大きくなるにつれて浅溝スプールとなる。4桁の場合、ダイワのスピニングリールの表記と似ており、後ろの2桁の数字がぴったりと巻けるラインのlbあるいは号数を表している

例として、1016の場合は100番サイズで16lbのラインを100m巻くことができ、2020は200番サイズで20lbのラインを100m巻くことができる。

仕様の意味

L→レフトハンドル

仕様を表すアルファベットの一番最後にくる。ライトハンドルの場合はなにもつかない。ベイトリールはスピニングリールと違い、ハンドルを左右交換することができないため注意しよう。

H→ハイギア仕様

ダイワのスピニングリールと表記は同様。ギア比の高いモデルを指す。

SH→スーパーハイギア仕様

ハイギア仕様よりもさらにギア比の高いモデル。

SV→SVコンセプト搭載

重量級ルアーから軽量ルアーまでをストレスなく扱うことができる、マグネットブレーキの有効性を最大限に引き出したブレーキシステム。バックラッシュのし難さが魅力だ。

TWS→Tウイングシステム搭載

キャスト時にレベルワインドが回転してラインの放出をよりスムーズにしてくれる機構。飛距離アップにつながる。

HLC→ハイパーロングキャスト

より飛距離を得るためのスプールなどが組み込まれたモデル。

購入時の参考に

番手や仕様表示の意味を理解しておくことで、購入時により自分の釣りに合ったリールの選択が可能になる。この記事を参考に仕様表示の読み方をマスターしておこう。

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト