テーマ別

トップページ>その他>サイズやタイプがこれで分かる! シマノのベイトリールの「型番の読み方」まとめ

product1

4322アクセス 2016年03月02日

サイズやタイプがこれで分かる! シマノのベイトリールの「型番の読み方」まとめ

名称未設定 2

出典:メタニウムMGL[Metanium MGL]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

リールには名前の後ろに数字やアルファベットが並んでおり、初心者の方はそれらの意味が分からずに困惑することも多いだろう。

今回は、シマノ[SHIMANO]のベイトリールの仕様表示の読み方について解説する。

番手の読み方

シマノのベイトリールの場合、70、100、200、300といった具合に数字が大きくなるほどラインキャパシティが大きいことを意味する。つまり、リールのサイズが大きくなるということである。

また、この数字の一の位に1がつく場合には左巻き、0がつく場合には右巻きである。ベイトリールはスピニングリールとは違い、ハンドルを左右交換することが出来ない。初心者の方は購入の際に注意しよう。

仕様の意味

HG→ハイギア仕様

スピニングリールと同様にハイギア仕様であることを意味する。ノーマルギアに比べて素早い巻取りが可能で、手返し重視の釣りで重宝する。

XG→エキストラハイギア仕様

こちらもスピニングリールと同様の表記。ハイギアよりもさらにギア比の高いモデルである。

PG→パワーギア仕様

オフショアジギング用のベイトリールには、力強い巻取りが可能なパワーギアモデルもラインナップされている。

DC→デジタルコントロールブレーキ

シマノ独自のデジタルコントロールブレーキを搭載している機種につけられる。必要な時のみ電子制御でブレーキが掛かり、非常に遠投性能が高いブレーキシステムだ。

BFS→ベイトフィネスモデル

軽量ルアーをキャストしやすいように、スプールの軽量化や専用のブレーキシステムが採用されたモデルである。

購入時の参考に

番手や仕様表示の意味を理解しておくことで、購入時により自分の釣りに合ったリールの選択が可能になる。この記事を参考に仕様表示の読み方をマスターしておこう。

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト