テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>ハヤブサのアジング用ジグヘッド「アジロック ラウンド」「アジまっすぐ」の使い方を井村プロが解説

4263アクセス 2016年02月17日

ハヤブサのアジング用ジグヘッド「アジロック ラウンド」「アジまっすぐ」の使い方を井村プロが解説

スクリーンショット 2016-02-17 10.29.14

出典:『LIGHT SALT Series』アジング用NEWジグヘッド解説

ハヤブサ[Hayabusa]から2016年発売される2種類のジグヘッドアジロック ラウンド」「アジまっすぐ」について、その使い易い細かなこだわりと特長を井村プロが­解説する動画が公開された。

「アジロック ラウンド」と「アジまっすぐ」の使い方

「アジロック ラウンド」の特徴

ヘッドがボール型のオーソドックスなジグヘッド。オールラウンダーではあるが、フォールで反応が出やすいときに特に活躍する。

ビギナーでもワームをフックにセッティングしやすいように、フックの抜き位置にマーキングが施されている。またリーダーを結束しやすいようにジグヘッドのアイが大きめに作られてあるのもポイントだ。

「アジまっすぐ」の特徴

フックと別にワームキーパーがジグヘッドに装着されており、こちらにワームをまっすぐ刺すだけでセッティングが可能。ビギナーはもちろん、上級者もすばやくローテーションができるため便利なアイテムだ。

またヘッドが砲弾型になっているため、流れに乗せてドリフトさせるような状況で活躍する。

ビギナーにもおすすめなジグヘッド

どちらもワームをセットしやすく、リーダーを結びやすい便利なアイテム。特に寒さの厳しい冬のナイトゲームなどで活躍すること間違いなしだ。

Amazonで購入

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ハピソン
  • メジャークラフト