テーマ別

トップページ>アジング・メバリング>向こうアワセの乗せ重視! ベイトフィネスでのアジングをヒロセマンが解説

スクリーンショット 2016-02-14 20.24.11

7674アクセス 2016年02月14日

向こうアワセの乗せ重視! ベイトフィネスでのアジングをヒロセマンが解説

スクリーンショット 2016-02-14 20.24.11

出典;ベイトフィネスアジング術~広瀬達樹 [Baitfiness ajing by Tatsuki Hirose] – YouTube

ソルトのルアーアングラーにも広がりをみせるベイトフィネスタックル。ベイトタックルならではの手返しの良さや、レンジキープ力などが魅力でアジングやメバリングでも活躍する。

アジングでのベイトフィネスタックルのメリットなどをヒロセマンが解説した動画を紹介しよう。

ベイトフィネスタックルでのアジング

ベイトタックルの魅力は手返しの良さ

ベイトタックルの特徴といえばなんといっても手返しの良さ。スピニングタックルなら巻いた後、ベールを返したり、タラシを調整したりなどの作業が必要だが、ベイトタックルはそれらが必要なく、巻いてら投げてを素早く繰り返すことができる。

ベイトフィネス対応リールを用いればアジング用の軽量リグを扱うこともでき、短い時間で広範囲を探ることができるのだ。

ソリッドティップで乗せの釣り

先端が非常に柔らかいソリッドティップのロッドを用いる場合、アジのアタリに対してアワセにいく掛けの釣りではなく、向こうアワセで乗せる釣りが有効。

アタリを感じてもすぐにアワセず、ワンテンポおいてからアワセの動作をいれてみよう。

時合いの短いアジングで活躍

短い時間で広範囲を探ることのできるアジングは、時合いの短いアジングで有効。短い時間でも手返しの良さでアジを連発しよう!

この動画で使われているタックル

メジャークラフト N-ONE ソルト用ベイトフィネス NSL-S702UL/BF NSL-S702UL/BF
メジャークラフト
売り上げランキング: 66,866
SHIMANO(シマノ) リール 14 ブレニアス (左)
SHIMANO(シマノ) (2014-10-22)
売り上げランキング: 25,797

投稿ナビゲーション

タグ: / /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト