春はこうすれば釣れる!春のブラックバス攻略法とおすすめルアーまとめ

タグ: / / / / / / / /
2017年04月13日 (最終更新日:2019年04月25日)

目次

  1. 春のバス釣りの特徴
  2. プリスポーンの特徴とおすすめルアー
  3. ミッドスポーンの特徴とおすすめルアー
  4. アフタースポーンの特徴とおすすめルアー

アフタースポーンの特徴

産卵直後のバスは、体力を使い果たしているので活発には動かない。この頃にはやはりライトリグでのスローな釣りに軍配が上がるだろう。

産卵後しばらくすると、再び体力回復のために捕食活動を行うようになる。また大型の個体では2回目の産卵に入る個体もいる。

アフタースポーンの魚が多い中で遅れてスポーニングに入る魚も多いため、数を狙うならばアフターを狙うよりは遅れてスポーニングに入る魚を狙う方が良いだろう。

アフタースポーンにおすすめのルアー

オーエスピー「ハイピッチャー」

広範囲を手返し良く探ることができるスピナーベイトは春にも欠かせないアイテム

シャローのやる気のあるバスを拾っていく釣りはもちろん、産卵後に一旦ディープエリアに落ちた魚に対してスローにアプローチする際にも効果を発揮する

ハイピッチャーはコストパフォーマンスが非常に高く、ガンガン使えるおすすめのスピナーベイトだ。

メガバス「マグスロウル」

ナチュラルアクションでスローリトリーブにも対応するスイムベイト。

スイムベイトに食ってくるバスは大型である可能性が高く、サイズ狙いには欠かせないアイテムだ。

春バスを攻略しよう

寒い冬が終わると、暖かくなるにつれてそれまで水中でじっとしていた魚が動き出す。もちろんバスも例外ではない。

春はバス釣りのハイシーズン。今回解説したことを踏まえて、春バスを攻略してみてほしい。

ブラックバスの最新釣果情報 アオリイカの最新釣果情報
タグ: