テーマ別

トップページ>ブラックバス>春はこうすれば釣れる!春のブラックバス攻略法とおすすめルアーまとめ

春はこうすれば釣れる!春のブラックバス攻略法とおすすめルアーまとめ

タグ: / / / / / / / /

アクセス 2017年04月13日

一年の中でバス釣りのベストシーズンともいえる春。今回は、そんな春にぜひ使ってもらいたいおすすめルアーをご紹介しよう。

1年の中でバス釣りのベストシーズンともいえる春は、最も大型が狙える季節とも言われている。

今回は、春バスのパターン攻略法とおすすめルアーを紹介していこう。

目次

  1. 春のバス釣りの特徴
  2. プリスポーンの特徴とおすすめルアー
  3. ミッドスポーンの特徴とおすすめルアー
  4. アフタースポーンの特徴とおすすめルアー

春のバス釣りの特徴

春によく釣れる理由

春はバス釣りのハイシーズンであり、ビッグバスが狙える季節として知られている。何故かというと、春はバスの産卵期なのである。ちなみにバス釣り用語で産卵のことをスポーニングと言う。

スポーニング中のブラックバス

大型の個体もスポーニングに備えて餌を大量に食べるようになるため、比較的容易にサイズも数も狙うことができるのだ。

スポーニングには3段階ある

スポーニングには、産卵前のプリスポーン、産卵中のミッドスポーン、産卵後のアフタースポーンの3段階があり、それぞれで釣り方が異なる。

フィールドによって異なる場合が多いが、一般的に3月くらいから産卵を意識したプリスポーンの個体が活発に餌を食べ始め、4月には多くの個体がプリスポーンに入り、ミッドスポーンの個体も出てくる。

そして、5月にはプリ、ミッド、アフターそれぞれが混在するようになり、狙いを定めて釣り分ける必要が出てくるのだ。

次に、それぞれのスポーニング段階の特徴と有効なルアーについて解説していく。

【次ページ:プリスポーンの特徴とおすすめルアー】

投稿ナビゲーション

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • ツリバカメラ
  • ハピソン
  • メジャークラフト