冬がハイシーズン!初心者のための「メバリング」のやり方徹底解説

タグ: / /
2016年11月16日

目次

  1. 冬が最盛期!メバリングの概要
  2. メバリング用ロッドの選び方
  3. メバリング用リールの選び方
  4. メバリング用ラインの選び方
  5. メバリング用ルアーの選び方

メバリング用ラインの選び方

小さなルアーで繊細な釣りをするメバリングにおいて、ラインの選択は釣果に繋がるだけでなく、ストレスなく釣りに集中できるかにも影響してくる重要なものだ。

メインライン

PE

メインラインにはプラグを用いたメバリングの場合、ほぼPEラインを使用する。他の素材に比べ伸びが少なく、強度が高く細いラインを使用できることから、感度と遠投性能に優れるためだ。

太さは最もスタンダートな0.3号(7ポンド程度)がおすすめ。軽量プラグをキャストするためは、なるべくラインは細いほうが良い。

ただし、あまり細すぎるとライントラブルの原因となる。特に風の強い冬場はこうしたトラブルが起きやすいため、初心者は特に0.2号以下の極めて細いラインを使用することはおすすめしない。

フロロ・ナイロン

根ズレが心配なゴロタや磯などの場合はフロロカーボン、ジグヘッド単体の場合はフロロもしくはナイロンを使用することも多い。

太さの基準は3ポンド、少し根ズレが心配ならばポンド数を上げ、飛距離を重視したいのであればポンド数を下げると良いだろう。

リーダー

PEラインを使用する場合はメインラインの先にリーダーを半ヒロ~1ヒロ程度結んでおく必要がある。「ヒロ」とは、両手をいっぱいに広げた長さのこと。素材はフロロカーボン、強度は7ポンド前後が適当だろう。

トッププラグやフローティングミノーを用いる場合は、そのルアー本来の動きを存分に発揮させるためにリーダーを短くしておくこともある。

メインラインにフロロやナイロンを使用している場合はリーダーを介さず、直結する。

おすすめのメバリング用ライン

YGKよつあみ「G-SOUL X4 UPGRADE 」

ラインに絶妙なハリとコシを持たせ、操作性と耐摩耗性を大幅に向上したPEライン。

抜群の安定性とラインの直線性を誇り、強度も折り紙付き。メバリング以外にも全ての釣りでおすすめできる。

クレハ「シーガー R18 フロロリミテッド」

同社の「R18」シリーズ最上級のルアー用ライン。他に類を見ないほどの強度を誇り、しなやかさも抜群だ。

筆者はバスフィッシングにおいて3lbを多用していたが、3lbの操作感ながら強度は4lbレベルと言っても過言でなく、かつ劣化が遅いため非常におすすめできるラインである。

【次ページ:メバリング用ルアーの選び方】

タグ: